配色テクニックでオシャレにvol.2~カラーコーディネートの黄金比~

水曜連載
ぐっさん
皆さんこんにちは!

朝・晩と涼しく、過ごしやすい気温になってきましたね。

食いしん坊の私にとって、秋は嬉しい季節ですヽ(゚∀゚)ノ

前回は「アクセントカラーのルール」についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

ファッションの色合わせは、色同士の組み合わせ方の他に「配色のバランス」も重要になってきます。

第6回目のテーマは『配色のバランス

コーデを組んだ時に、色同士の合わせ方はおかしくないはずなのに、なんかおかしい…と思うときありませんか?( ‘ω’)

もしかしたらそれは、色の面積の割合がおかしいのかもしれません。

色の組み合わせの他に「色の割合」にも気を付けることで、よりオシャレなコーデに仕上げることができますよ(*´∀`*)

カラーコーディネートの基本

ファッションのカラーコーディネートは、主にこの3つのカラーで構成されています。

配色バランスの黄金比

  • ベースカラー【約6割】
  • アソートカラー【約3割】
  • アクセントカラー【約1割】

例)3色カラーのコーデ

配分バランスの黄金比

アクセントカラーがない場合は、ベースカラー7割・アソートカラー3割ぐらいが良いのではないかと思います。

例)黒と白のモノトーンコーデ

黒と白のモノトーンコーデ

きっちりとこの割合にしなければいけないわけではありません。大体このぐらいを目安にバランスを整えてみましょう。

「オシャレの色合わせは3色までにおさえるといい」というのを聞いたことがある人も多いかと思います。

それは、このベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの配色のバランスがつくりやすいからなんです(・∀・)

それでは1つずつ見ていきましょう。

①ベースカラー(基調色)

ベースカラーとはコーデ全体の基本となる色のことです。

主にコート・ジャケット・スーツなど、面積の大きいアイテム。

秋や冬なんかは、ロングコートやロングカーディガンなどがベースカラーになることが多いですね!

例)ロングカーディガンのコーデ

ロングカーディガンがベースカラー

トップスとボトムのコーデなどで、ベースカラーの面積が少ないと感じるときは、ベースカラーと同じ色の靴・ベルト・バッグ・マフラーなどの小物を加えて面積を増やしましょう。

バッグを加えて黒の割合を増やす

左側の方は、トップスのピンクとボトムの黒の割合にあまり差がなく、どちらがベースカラーなのかわかりにくいですよね…(´・ω・`)

そういう時は、黒のバッグを加えて黒の割合を増やしましょう。

黒がベースカラーであるということがわかりやすくなりますし、ベースカラーがしっかりすることでメリハリもつきます。

②アソートカラー(配合色)

アソートカラーとは、ベースカラーの次に割合が大きい色のことです。

極端に言えば、ベースカラーとアクセントカラー以外の色になります。

主にトップスやボトムなど

■ベースカラーにモノトーンを使う場合

ベースカラーがモノトーンの場合は、アソートカラーにどんな色を合わせても失敗しにくいです。

アソートカラー

色合わせ例

左 → ベース/黒 アソート/ピンク
中 → ベース/黒 アソート/テラコッタ
右 → ベース/黒 アソート/アイスブルー

※これらのコーデのアクセントカラーはすべて白

トップスやボトムが色味のあるものなら、黒と白を合わせればまず間違いない色合わせですね。

■ベースカラーにモノトーン以外の色を使う場合

コーデに統一感を持たせ、落ち着いた印象にするならベースカラーと同系色の色を、変化をつけて印象付けしたいのなら対照的な色を選びましょう。

例)ベースカラーと同系色を使った場合

ブラウン系で統一

コートとトップスをブラウン系のカラーで統一したコーデ。

色に差異がないので馴染みがあり、落ち着いた印象にすることができます。

例)ベースカラーと対照色を使った場合

ネイビーとテラコッタの対照的な色の組み合わせ

ネイビー(青系)のコートにテラコッタ(赤系)の色を合わせたコーデ。

色が対照的なので差異がハッキリとしています。色の変化がわかりやすく、パキッとしたメリハリのある印象になります。

アソートカラーをベースカラーと類似の色にするか、対照的な色にするかでコーデの印象がガラリと変わりますね!

対照的な色の例

・赤 ↔ 緑・青
赤と対照的な色は緑と青

・黄 ↔ ネイビー・紫
黄色の対照的な色はネイビーや紫

※レッドはワイン系、グリーンはカーキ、ブルーはネイビー系というように、近い色(同系統の色)を含めて見てもってOKです

③アクセントカラー(強調色)

アクセントカラーとは、その名の通りアクセントを加えてくれる色のことです。

主にアクセサリーなどの小物類、靴、バッグなど

例)靴でアクセントカラーを加えたコーデ

アクセントカラーを効果的にするには、ベースカラーの色と異なる色を使いましょう。

アクセントカラーについて、詳しくはこちらのブログをどうぞ⇓

配色テクニックでオシャレに!「アクセントカラー」のルールとは?

2017.08.30

※ ※ ※

いかがでしたか?(´・∀・`)

配色のバランスに少し気を付けるだけで、コーデにメリハリも付きますし、オシャレに見せることができます。

色合わせに悩んだら、ぜひ試してみてくださいね!

~次回予告~

次回は配色バランスの応用編へ(`・ω・´)

「3色以上使う時はバランスがどうなるのか」についてお話しようと思いますので、ぜひお楽しみに♪

最後に

Dコレを応援してくれている皆さん、いつも投票ありがとうございます!!(´∀`)

面白い連載があったら
\アンケートで人気投票しよう!/

皆さんの応援のおかげで、連載開始1ヵ月で打ち切りにならずに済みました。ありがとうございます!

今後とも私への応援、ぜひよろしくお願いします\( ‘ω’)/

今ならDコレで使えるポイントもGETできますよ♪
色合わせ

お気に入りの連載を応援しよう!
アナタの投票で連載が変わります!

毎月、人気のない連載は打ち切りで翌月から新しい作者による新しい連載がスタート!読者の皆さまの意見が連載に反映されます!