#1 これはオシャレの教科書。読めば誰でもオシャレになれる

「オシャレの教科書®」があなたのオシャレの悩みを解決します。

オシャレに必要なモノって何だと思いますか?

「そもそも何を買えばいいのか分からない」「俺にはセンスがないからオシャレなんて無理だ」なんて諦めていたら、ちょっと待って下さい。この「オシャレの教科書®」を読んで2つのポイントを守るだけでオシャレになれます。

osyare_980x300_2

「オシャレが苦手」という人には共通点がある。

まず最初に、オシャレが苦手という人には共通点がある事をお伝えします。その共通点とは、このように子供っぽい印象になってしまう事。

子供っぽい

今度は「身近にいるオシャレな人」や「雑誌でスナップされている人」を思い浮かべてみてください。

オシャレ

このようなコーディネートが思い浮かびませんか?先ほどのコーディネートと何が違うのでしょうか?

オシャレに見える色合わせは3パターン

今回はまず1つめのポイントである”色合わせ”についてお話しします。

色には有彩色と無彩色の2種類がある

オシャレに見える色合わせ3パターン

①すべて無彩色(1色コーデ)

②無彩色と有彩色(2色コーデ)

③無彩色と有彩色2つ(3色コーデ)

洋服、靴、小物まで含めた色合わせを”3色以内”で構成する事がオシャレのコツです。

どうしてどの組み合わせにも無彩色(モノトーン)が必ず入っているのかは、モノトーン色の特徴を知ると理解出来ます。

無彩色の特徴

無彩色とはその字の通り「色味が無い」という意味なのですが、”モノトーンの3色(白、グレー、黒)はどの色とも相性が良い”という特性を持っています。

その証拠に、オシャレだなって思う人やファッションデザイナーさんの服の色を意識してみて下さい。必ずモノトーンを取り入れているはずです。

ちょっと難しい話をしましたが、色合わせのコツをまとめると以下のようになります。

色合わせのコツ

・洋服、小物、靴までを3色以内で作る

・1色はモノトーンを入れる

上記の色合わせのコツを意識しながら、最初のコーディネートを見てみましょう。

子供っぽい

「赤+青+柄」で、色合わせのルールが守られていません。(柄も1色と見なします)

これだと、どうしても”ちぐはぐな印象”になってしまいオシャレとは言えません。

 

それに対して、大半の方がオシャレと思うこちらのコーディネート。

オシャレ

左側:モノトーンとブルーの「2色コーデ」

右側:モノトーン+ベージュ+ネイビーの「3色コーデ」

モノトーンは複数使われていても1色と数えます。

色合わせのルールが守られているだけで、コーディネート全体の印象はかなり変わります。

 オシャレの教科書1つめのルール

洋服、小物、靴までを3色以内で作る

1色はモノトーンを入れる

これが「オシャレの教科書®」の1つめのルールです。

コーディネートを組む時って色合わせに悩む方が多いと思いますが、これでもう大丈夫!色合わせに悩む必要はありません。

 

次回は「オシャレの教科書®」の2つめのルールをお話しします。

【次の講義:覚えるのは3つだけ!オシャレなシルエットを解説】

#2 覚えるのは3つだけ!オシャレなシルエットを解説

2014.04.15

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

「センスがないからオシャレなんて無理」なんて諦めていたらちょっと待って下さい。たった2つのルールを守るだけでオシャレになれます。

Dcollection採用情報
2018年度新卒の募集を開始しました

成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。