メンズファッション,人気メンズ服の通販 Dcollection

2017年はスマートウォッチで差をつけてみよう★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔からの高級な機械式腕時計とは別に、とっても便利な機能を搭載したスマートウォッチ。
今回はそんなスマートウォッチをご紹介!

連携しているスマホに届いた着信・メール・アプリの通知を受けることができるほか、地図・電卓・カレンダーアプリを活用できたり、心拍数を測定をすることもできたりとにかく機能満載!
たくさんあるので、有名どころをいくつかピックアップしました。

 

Apple Watch Series 2


出典 http://www.apple.com

言わずと知れたAppleのスマートウォッチ。
50メートルの耐水性能。GPS対応などの機能を持っていて、スポーツに特化したモデル。
たとえばiphoneを車の中に置いてランニングなどをしても、移動した距離を正確に測定してくれます。
Series 1というのもありますが、そちらはGPSの搭載がないモデルなので注意してくださいね!
ディスプレイも見やすくて、強い日差しの下でもはっきり読み取れます。

wena


出典 http://wena.jp/

Sonyのスマートウォッチ wena wrist。
時計の部分はそのままで、バンドの部分にスマートウォッチとしての機能を搭載したスマートウォッチ。
そのためヘッド部分のデザインが柔軟にデザインされていて、従来のアナログ時計のような見た目です。
もちろん、小型ディスプレーも搭載されていません。
通知の受け取りをしたり、電子マネー決済のほか、スマートウォッチのウィークポイントである電池の持ち時間が1週間とズバ抜けているのが特徴です。
iOS 8.0以上に対応しています。

Huawei Watch


出典 http://consumer.huawei.com

ファーウェイといいます。
ここの時計はとにかくデザインがGood!
まるでアナログ時計なデザインが、とてもスマートウォッチとは思えません。
風防もサファイアクリスタルというほとんど傷のつかないガラスを採用していたり、欲しくなるこだわりが満載です。
iosにもAndroidにも対応しています!

 

Garmin fēnix J Chronos Hybrid


出典 http://www.garmin.co.jp/

ガーミンといいます。
アメリカのGPS機器メーカーが作ったスマートウォッチ。
スポーツやアウトドアに特化しているので、ジョギングの記録を取りたいとか、防水に優れた時計がいいなどのかたは、
こちらも検討してみるといいかもしれません。

 

モトローラ


出典 https://www.motorola.co.jp

モトローラのMoto 360 2nd Gen
余計なものが一切ないシンプルなデザインのスマートウォッチ。
アンビエントライトセンサーを搭載していて、周りの明るさで自動的に画面の明るさを調節してくれます。
ディスプレイはGorilla Glass 3という頑丈な仕様になっているので多少のことでは傷つく心配がありません。
オシャレなバンドがいくつもあってバラエティーに富んでいます。
こちらはAndroid対応です。

ZenWatch 3


出典 http://shop.asus.co.jp/

ASUS(エイスース)のスマートウォッチ、ZenWatch 3。
2016年の12月に出たばかりのモデルです。
50以上のウォッチフェイスデザインがあり、細かなところも自分仕様にカスタマイズできます。
ディスプレイには有機ELを使用していて、屋内屋外でも視認性は抜群!
バッテリーも2日間充電なしで使えるという、スマートウォッチの弱点をしっかり克服しています。

LGエレクトロニクス


参照 https://www.amazon.co.jp/

LGエレクトロニクスのLG Watch Urbane 2nd Edition LG-W200。
この時計、スマートウォッチにSIMを挿入して使うタイプ。
そうすることで単体でメールを送れたり、通話ができるようになります。
SIMを入れて使うタイプは今後のトレンドになるかもれません。スマートウォッチを単体で持ち歩きたいという方にはオススメです!
こちらも対応OSはAndroidです。

スマートウォッチについて

スマートウォッチは「ウェアラブルデバイス」と呼ばれるもので、身に着けて使う端末です。
時計というより、端末というものになります。
そのため時計以外にも、スマホと連携させてアプリの通知やメッセージ・電話の応対などいろんなことができます。

たとえば、スマホの通知を確認したはいいけど「わざわざ確認するまでもなかった・・・」というのはよくあります。
でもそんなことは手元のスマートウォッチで見ればよくなります。
それ以外でも、健康管理や電子決済、GPSでの移動距離管理、SiriやGoogle検索を使った音声アシスタントなど様々な機能がついています。
今後アプリが登場しさらに進化していくかもしれません!

最後に

スマートウォッチはOSの対応は必ず確認するようにしましょう。
たとえばiphoneと連携させたいのに、Androidにしか対応していなかったなんてことも。
Androidのほうが圧倒的に多いですが、最近ではAndroidとios両方に対応しているものもあるので、
新しい時計を選ぶときは検討してみてもいいかもしれませんよ^^

 

この記事を読んだ感想を教えてください。

  • 面白い (5)
  • 面白くない (2)
  • 普通 (2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Dcollection 公式 SNS

  • メンズファッション 通販 Line@
  • メンズファッション 通販 インスタグラム
  • メンズファッション 通販 Twitter
  • メンズファッション 通販 FACEBOOK
  • メンズファッション 通販 インスタグラム
  • メンズファッション 通販 WEAR