【オシャレ講座】超簡単テクニック紹介!エビングハウス錯視で小顔効果

目の錯覚を利用した着こなしテクニック教えます!

Dcollectionバイヤー兼モデルのタカシです。僕たちはオシャレの教科書®をもとに皆さまの悩みを解決し、オシャレになるお手伝いをしています。

Dコレが提案するコーディネートには、着こなしテクニックが最低でも1つ使われています。

今日はその中から1つのテクニックをピックアップしてみます。

「それもう知ってるよ!」という人が殆どのテクニックですが、正式名称知ってますか??

 

テクニックとは目の錯覚を利用したもの

普段から何気なく使っている、いやむしろ無意識にのうちに取り入れている着こなしテクニックは”目の錯覚”を活かしたものが殆どです。

顔が小さく見えたり、体が細く見えたり、脚が細く長く見えたり、モデルのような体型に近づけば近づくほど自然とオシャレに見えてしまうものです。

モデル体型ってほんと羨ましいですよねぇ。

着こなしテクニックとは、少しでもモデル体型に近づけるための「体型を実際よりも良く見せる技」なのです。

 

「エビングハウス錯視」

今日紹介するテクニックは「エビングハウス錯視」です。

普通の人なら聞いたこともないような単語ですよね。

でもこれDコレでも普段からオススメしているテクニックなんです。

 

エビングハウス錯視とは?


単語は聞いたことなくてもこの図なら見たことあるのではないでしょうか?

同じ大きさのピンクの円ですが、周りの円の大きさによって大きさが違って見えるという錯覚です。

周りの円の大きさの差が大きいほど錯覚効果が大きくなります。

 

着こなしテクニックで活用すると

こうなります。

フードやハットを使った小顔効果はDコレではもはやお馴染みですよね。

実はこのテクニックの正式名称が「エビングハウス錯視」です。

いかがでしょう?

小顔な僕がさらに小顔になります笑

 

錯視を意識しよう

普段何気なく着用しているパーカーやハットですが、今回紹介した「エビングハウス錯視」を意識するのとしないのとでは着こなし方が変わってくるはずです。

フードにボリュームが出るようにしっかり整えようとか、ハットは深く被り過ぎないようにしようとか。

せっかく覚えた錯視効果ですからその効果をフルに活かす着こなし方をしましょう!

 

 

moto (1) - コピーDcollectiomバイヤー タカシ

【私達の”思い”】
Dコレがお客様に提供する価値とは?
初見の方は是非ご覧ください!
#番外編 オシャレの教科書

【WEARやってます】
フォローお願いします!!
コメント頂ければ必ず返信します^^
wear_iconaタカシ@Dコレ

【バイヤーマガジン】
独自の視点でオシャレを語ります。
平日毎日更新!
▶バイヤーマガジン バックナンバー

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

「センスがないからオシャレなんて無理」なんて諦めていたらちょっと待って下さい。たった2つのルールを守るだけでオシャレになれます。