【オシャレ講座】BIGシルエットとオーバーサイズの違い知ってますか?

BIGシルエットとオーバーサイズ解説します

Dcollectionバイヤー兼モデルのタカシです。僕たちはオシャレの教科書®をもとに皆さまの悩みを解決し、オシャレになるお手伝いをしています。

2017年も外せない着こなしとなったBIGシルエット。

今回はまだまだ人気継続のBIGシルエットについて解説してみます!

これから挑戦しようとする方はもちろん、既に着こなしている方も是非ご覧ください。

 

オーバーサイズとBIGシルエットの違い知ってますか?

この2つの違い分かる方いらっしゃいますか?

まずは意外と知られていないオーバーサイズとBIGシルエットの違いを解説しておきましょう。

 

オーバーサイズとは

通常ならMサイズでジャストのところ、敢えてLサイズやXLサイズの大きいサイズを着用する着こなし。

また、女性が明らかに大きいメンズアイテムを敢えて着用する着こなし。

”ジェンダーレス”なんて言葉を耳にするようになったのもオーバーサイズが流行ってからではないでしょうか?

アイテム自体のサイズスペックは標準規格で、それを敢えて大きいサイズを選んで着こなすのがポイント。

 

この様に通常ならMサイズで着用する標準規格のMA-1をオーバーサイズで着用するとこんな感じに↓↓

Lサイズはややゆったりめ、XLはかなりルーズな印象となりますよね。

 

次にGジャンを見てみましょう↓↓

通常Mサイズ着用のところ、LLサイズを着用してみました。
身幅、着丈などが明らかに大きくなり、IラインからYライン気味にシルエットが変化していますね。

 

次にプルパーカーを見てみましょう↓↓

通常Mサイズ着用のところ、XLサイズを着用してみました。
XXLサイズはさすがに大き過ぎますね…ワンピースみたいになります。

お尻が程よく隠れ、上半身に適度にボリュームが出ましたね。

 

以上がオーバーサイズの着こなしです。

アイテムによってはオーバーサイズし過ぎると明らかにおかしくなるという点に気を付けましょう!
大きいサイズを着ればいいってもんじゃありませんので…

 

BIGシルエットとは

オーバーサイズが本格的に市場に浸透し始めたころに、登場したのがBIGシルエット。

「大きく着るのが流行なら初めから大きくしちゃいなよ」という発想ですね。

”合理的なBIGシルエット”と言うべきでしょうか。

これにより、通常LサイズやXLサイズ着用の男性でも大きいサイズ感の着用が可能となったのです。

ここからMサイズなのにBIGシルエットという規格が流通し始めました。

 

MサイズのBIGシルエットMA-1を着用↓↓

MサイズでこのBIG感です。
腕のボリュームとか標準規格のMA-1とは比べ物になりませんね。

 

次にBIGシルエットのプルパーカーを見てみましょう↓↓

このプルパーカーももちろんMサイズ着用です。
肩幅が大きく落ちていますね。(ドロップショルダーといいます)
袖丈も手が隠れるぐらい長いです。(萌え袖といいます)
着丈も長くて全体的にかなりルーズなデザインですね!

 

次にBIGシルエットのシャツを見てみましょう↓↓

これは”半袖シャツ”です。5分袖のシャツではありませんよ。
BIGシルエットなので袖丈も長くなり、あたかも5分袖のように見えてしまうのです。
着丈も長くなり、かなりルーズですよね。
個人的にはBIGシルエットの中ではシャツがいい感じに色気が出るので一番好きです!

 

次にBIGシルエットアウターを見てみましょう↓↓

しつこいようですが、全てMサイズ着用です。
BIGシルエットのロングアウターは着丈がかなり長くなります。
なのでインナーも長めの着丈じゃないとバランスがおかしくなるので要注意!

 

以上がBIGシルエットの解説となります。

元々それぞれのサイズの身長を考慮して企画されたサイジングです。
なので「何かバランス悪いな」ということにはならないでしょう。
まず最初はBIGシルエットアイテムでサイズ感を慣らしてみるのもいいかもしれませんね!

 

パッと見どっちか判別できない

オーバーサイズとBIGシルエットの違いをそれぞれ解説しましたが、
実際のところしっかりと着こなしていれば見た目ではどっちなのか判別不可能です。

何も考えずにただオーバーサイズにして着てしまい、違和感が半端ない人をたまに見かけます。

どちらが正解というのも無いので、より自分の体に合う違和感の無いものを選ぶようにしましょう。

その点を考慮するとやはり最初はBIGシルエットを選ぶのがいいですね♪

 

オーバー&BIGに合わせるべきボトム

上半身にボリュームが出るということは、狙うべきシルエットはこれです。


Yラインシルエットですね!

基本的には上半身にボリュームがあるのなら、下半身をスリムにするのがセオリーです。

スキニーや細身のスラックス、ジョガーでまとめましょう。


黒スキニー 3,980円


デニムスキニー 5,980円


アンクル丈スラックス 4,980円


アスレジャージョガーパンツ 4,980円

 

また、最近では上下ともワイドなシルエットで組んだHラインという上級シルエットも注目されています。
やはり難しく思えるシルエットではありますが、ワイドパンツで挑戦してみてみるのもいいでしょう!


ワイドパンツ 5,480円

 

BIGシルエットのさらにBIGである「エクストリームシルエット」というサイズ感も存在します。

BIGシルエットで物足りない!という方は是非挑戦してみてくださいね!


エクストリームシルエットTシャツ 2,580円

 

 


Dcollectiomバイヤー タカシ

【私達の”思い”】
Dコレがお客様に提供する価値とは?
初見の方は是非ご覧ください!
#番外編 オシャレの教科書

【WEARやってます】
フォローお願いします!!
コメント頂ければ必ず返信します^^
wear_iconaタカシ@Dコレ

【バイヤーマガジン】
独自の視点でオシャレを語ります。
平日毎日更新!

▶バイヤーマガジン バックナンバー

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

「センスがないからオシャレなんて無理」なんて諦めていたらちょっと待って下さい。たった2つのルールを守るだけでオシャレになれます。

Dcollection採用情報
2018年度新卒の募集を開始しました

成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。