グレーアイテムを使ったメンズコーデと着こなすポイント

今回は、グレーアイテムを使ったメンズコーデと、その着こなしのポイントについて紹介します。

「グレーは無難な色で着やすそうなのに、なぜかコーデが上手く行かない」という男性も多いのでは?

もしかしたら、グレーアイテムを間違って着ているかもしれません。カッコいい着こなしについて見ていきましょう。

 

グレーのアイテムを着るには注意が必要

長袖パーカーのコーディネート

グレーは、黒と白の中間色で少しぼやけやすいカラーでもあるため、あまりパッとしないコーデになることがあります。

またダークトーンの色味は、偏りすぎると重たく地味になってしまうことも・・・。

そのため、グレーのアイテムを着る時には注意が必要です。

相手に明るい印象を持ってもらいたい時にパッとしないコーデだと、第一印象はむしろ「寡黙な人なのかな?」と自分が思ってもらいたい理想の印象とは真逆になることもあるかもしれません。

グレーでまとめすぎると重たく感じるため、軽さを取り入れたいならあまり多用することも考え物です。

グレーは安全な色、無難な色というイメージを持つ人は多いですが、このようなデメリットにも目を向けておきましょう。

グレーの魅力とは

オックスフォードシャツはコチラ

グレーは、注意して着ればとても魅力的に映る色でもあります。

中間色なので優しくて落ち着いた印象を与えてくれますし、シンプルなカラーなのに上品さを取り入れることもできます。

グレーを着こなすことができれば、気分もコーデも簡単にセンスアップできる魅力あるカラーです。

派手な色だと色同士が喧嘩する可能性もあるため、合わせられる色が限られてしまいます。

その点、グレーは主張の少ない色のため、比較的どんな色にも合わせられる万能な一面を持っているのです。

グレーは色の濃淡で印象がガラッと変わる

グレーの強みは、色の濃淡があることです。

モノトーン

グレーと一言で言っても、ブラックやホワイトと違って色の濃さがありますよね。

そのため、季節に合わせて色々なコーデに合わせられます。

濃いグレーなら、暗いトーンがトレンドになりやすい秋冬コーデに合わせやすく、反対に薄いグレーは、明るい色が多い春夏コーデに最適です。

グレーばかりをただ合わせるだけだと重くなってしまうことから難易度は少々高めですが、グレーだけを使ったワントーンコーデも楽しめます。

濃いグレーと薄いグレーの組み合わせ方次第で着こなしは変わるため、その日に気分に応じてアイテム選びができるようになれるといいですよね。

単なるグレーでも、その濃淡次第で相手が受け取る印象は変わります。

ライトグレー

メンズスウェットパーカーの商品ページはこちら

白と黒の割合が、「白>黒」の明るいグレーのことを「ライトグレー」と言います。

白寄りでより柔らかいイメージがあるのが特徴的です。

ライトグレーはコーデに上品さをプラスしたいときにおすすめで、春夏コーデに合わせやすいです。

白だと少し明るすぎるなと思う時にライトグレーを使うと、落ち着きが出ます。

柔らかさを感じさせつつ、大人の落ち着きがある印象を演出したい場合は、白よりライトグレーを選ぶのがオススメです。

ダークグレー

ダンボールカーディガン

白と黒の割合が、「白<黒」の暗いグレーのことを「ダークグレー」と言います。

黒寄りでスタイリッシュなイメージが特徴的です。

各ブランドによって様々な色がダークグレーと言い表されているので、実際に見て自分がどう感じるかに重きを置いてみましょう。

ライトグレーに比べるとダークグレーは重厚感があるので、重めのアイテムを使いたい秋冬コーデに使いやすい色です。

グレーコーデのポイントはメリハリ

グレーをコーディネートで使う時には、「メリハリ」をつけるようにすることが大切です。

濃淡があるグレーだからこそ、それを活かしてコーデを思い通りのイメージに近づけることがポイントです。

ホワイトやブラックでメリハリのある印象に

お家コーデにぴったりの7分袖カーディガン

グレーを取り入れたコーデの中でも、初心者向けなのが簡単に取り入れられるホワイトやブラックを使った組み合わせです。

無彩色の組み合わせは失敗が少ないというメリットがあるため、初デートでコーデに悩んだり、飲み会に何を着て行ったら良いのか分からない時に実践してみましょう。

白と黒という反対色があるとコントラストが強くなり、グレーコーデの中でもメリハリがはっきりしたコーデになります。

いわゆるモノクロの世界ですが、男性がこれを着こなすと、シックでカッコいい印象を与えられます。

濃い色と淡い色を組み合わせる

グレーアイテムを使う場合は、ダークグレーとライトグレーを組み合わせたワントーンコーデもおすすめです。

グレーコーデをオシャレに着こなすなら、同じグレーでも濃いグレーと薄いグレーを両方取り入れてみましょう。

濃い色と淡い色の間に差があることでメリハリをつけられます。

同じような濃さのグレーを重ねると、メリハリがなくなってしまう可能性があります。

スマートな着こなしをしたいなら、いつも買ってしまうような同じ色合いのグレーはあえて避けてみましょう。

家にダークグレーとライトグレーのアイテムがそれぞれあるなら、グレーを重ねてもメリハリのおかげで野暮ったく見えません。

素材感で抑揚をつける

グレーのアウター

グレーコーデはメリハリを付けることが大切だと言いましたが、無彩色でメリハリを着ける方法は他にもあります。

ナイロン、ニットやフリースなど、同じグレーでも素材が異なればそこにメリハリが生まれます。

色ではなく素材感で差を生むのは上級コーデ。

洋服として使われる素材にはたくさんの種類があります。

機能性を重視したものからデザイン性が高いものまで幅広く用意されており、グレーは人気が高いためその品数も多いことがほとんどです。

普段はあまり着ない素材の洋服を買ってみたり、ネットでカッコいいと思った組み合わせを真似てみたりしましょう。

素材感でメリハリを付けることに成功すれば、かなりグレーコーデが上手くなっていると言えるでしょう。

アースカラーを取り入れる

アースカラーとは、ベージュやカーキなど自然の中に存在する色のことです。

グレーとアースカラーは落ち着きのある色同士なので、コーデにも合わせやすい組み合わせになります。

ホワイトやブラック以外のカラーを取り入れたいとき、まず試してみてはいかがでしょうか。

グレー系で持っておきたいアイテム

では、ここからはグレー系で持っておきたいアイテムを紹介しましょう。

具体的には、Tシャツ、パーカー、テーパードパンツ、ジャケットの4つを紹介します。

これらがあれば着こなしも楽になるため、お出かけ前に迷うことも少なくなるでしょう。

リキッドアイスTシャツ(カラー:チャコール)

半袖アイスTシャツはコチラ

まずは半袖の無地Tシャツ。画像のカラーはチャコールです。

生地に特徴があり、粉末状のセラミック素材を繊維に練りこんでいます。

これによって紫外線を効果的に遮り、肌への刺激をカバーしてくれます。

肌が弱い方や、美容に気を遣っている方、焼けたくない方にとっては嬉しいアイテムですね。

「アイス」という商品名の由縁は、キシリトール涼感加工によるひんやりと涼しい着心地。

暑い日にも快適に過ごしやすい機能を備えたアイテムとなっています。

夏の着こなしに迷うなら、リキッドアイスTシャツは一枚持っておきましょう。

アクティブ プルパーカー(カラー:チャコール)

メンズパーカーはコチラ

こちらのアクティブプルパーカーも、カラーはチャコールです。

落ち着いた色味ではありますが、やや光沢のある表面感が特徴です。

レーヨン素材を混紡したキレイめパーカーなので、カジュアルすぎないところもポイント。

ラフなパーカーは、近所へ出かける時や家にいる時に着るものというイメージのある方も多いかもしれませんが、これならデートコーデにもおすすめです。

また、グレー系の色で男性の落ち着いた雰囲気を醸し出すこともできます。

プルパーカーを探しているなら、こちらのような無地で装飾のないものを選んでみましょう。一枚でも大人っぽくキマるので、あって損はないパーカーです。

いつもテーパードパンツ |It’s moreシリーズ(カラー:グレージュ)

It’s moreシリーズの中には、グレー系で1つ持っておいてほしいこちらのテーパードパンツがあります。

トップスはいつもすぐに決まるのに、ボトムスはどれにしたら良いか迷うという方におすすめです。

着回しができるので、トップスだけ変えれば色んなコーデを楽しめます。

夏にはTシャツを合わせられますし、冬なら少し厚めのパーカーを着て、コートを羽織ってもオシャレに見えます。

ボトムスはあまり見られないと思っていつもジーンズという方もいますが、これからはワンランク上のコーデを目指してみませんか?

これ1つでさまざまな着回しができる、コスパの高いアイテムです。色違いで持っておくのもおすすめですよ。

いつもテーラードジャケット It’s moreシリーズ|(カラー:グレージュ)

こちらもテーパードパンツと同じく、It’s moreシリーズの中にあるグレー系のテーラードジャケットです。

男性がオシャレに見えるアイテムとして人気が高いのがジャケット。

少しフォーマルな雰囲気も出て仕事もできる印象に仕上がります。

これをあえて固くなりすぎないカジュアルなコーデでキメることで、よりこなれ感が出てきます。

野暮ったいと思われたくない方、大人な印象を持ってもらいたい方、ジャケットを羽織ることで気分が上がる方には特におすすめしたい商品です。

グレー系の色味ならば、ブラックのジャケットに比べ堅い印象が少なく、柔らかな印象で着られます。

グレー系アイテムを活かした、オシャレコーデ案

ここからは、グレー系アイテムを活かしたオシャレコーデ案を紹介していきます。

具体的にどのようなものがオシャレに見えるのか、画像で見ていくと分かりやすいです。

気になったものがあればぜひ真似してみてください。

コーデ例①

グレーを存分に使ったカジュアルセットアップスタイルです。

上下がセットになっているセットアップスタイルはトレンドで、ゆったりめのセミワイドパンツと合わせることで、より今らしい着こなしになります。

パンツがキュっと細めになっているとまた違った印象を与えますが、ゆったりしていると余裕が感じられるようになります。

このようなセットアップスタイルはキレイめな印象で清潔感があり、デートにもピッタリ。

ポイントは、足元にスニーカーを持ってきてカジュアルな印象をプラスすることです。

着用アイテム
テーラードジャケット
パーカー
セミワイドパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス

コーデ例②

こちらもセットアップスタイルですが、よりキレイめになるコーデです。

デキる男に見せられるセットアップスタイルなので、しっかりとキメたい時に着て行きましょう。

こちらのセットアップはややゆとりがあり、カッチリ感がほどよく抑えられているので、初めての方でも使いやすいのが魅力です。

デキる男を見せたくても、あまりにカッチリしているとお堅い人という印象になりやすいので注意しましょう。

余裕を感じられるコーデに調整した方がオシャレになります。

グレー系なら優しさもプラスできるので、「セットアップに挑戦してみたかった」という人はぜひこの機会に挑戦してみましょう。

着用アイテム
テーラードジャケット
レギュラーカラーシャツ
テーパードパンツ
レザーUチップシューズ
無地ソックス

コーデ例③

ワークシャツは、カジュアルな印象が生まれ、それでいてワイルドで男性らしい着こなしができるのが魅力の1つです。

インナーをグレーTシャツにすれば、ワークシャツのネイビーの色味を邪魔することなく、落ち着いた印象を与えてくれます。

ボトムスにはワイドパンツを合わせて、全体的にビッグシルエットにすることで、より今年らしい着こなしができます。

着用アイテム
ワークシャツ
アイスTシャツ
セミワイドパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス

コーデ例④

チャコールグレーのパーカーに、同じ色のジョガーパンツを合わせたコーデがこちら。

黒と白の中間色であるグレーでまとめることで、カジュアルな着こなしでも品の良さと大人な雰囲気をプラスできます。

一見するとグレーが多いように見えますが、腕まくりをすることで垢ぬけ感を出していますし、靴はグレーではなくブラックでまとめていることが分かります。

パーカーの紐や前ポケットはデザイン性を高めてくれるので、遊び心のある仕上がりになりますよ。

ラフな着こなしなので、身体を動かす時やちょっとそこまでという時におすすめのコーデです。

着用アイテム
パーカー
ジョガーパンツ
ダッドスニーカー
無地ソックス

コーデ例⑤

スッキリとした細身のシルエットで、大人っぽくスマートな印象を演出してくれる黒スキニーパンツと、モカベーシュのパーカーを合わせたコーデがこちら。

今まで紹介したコーデで出てきたボトムスはゆったり系でしたが、スキニーパンツの方がお気に入りならこのコーデを参考にしてみましょう。

スタイリッシュに見えますし、足が細い方や長い方なら、スキニーパンツの方がスタイルが良く見えます。

あまりカジュアルすぎるコーデを好まない場合は、細身に見えるパンツ、そしてしっかりとまとまるブラックを使ってみましょう。

相性のいいアースカラーと組み合わせることでまとまったキレイめな仕上がりにできるので、トップスはグレー系でも少し違う色味を持たせると良いでしょう。

着用アイテム
マウンテンパーカー
プルシャツ※2021/5月発売予定
黒スキニーパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス

グレー系アイテムで落ち着いた印象を引立たせよう

ウールチェスターコート・冬アウター・ロングコート

無難な色と言われることが多いグレー系アイテムですが、掘り下げてみるとこんなにもオシャレな着こなしができると分かりました。

ホワイトとブラックの中間色であることによってできる濃淡が、良い役目を果たしてくれるので、ライトグレーとダークグレーの組み合わせもアリだということを覚えておきましょう。

グレー系やアースカラーなら落ち着いた印象を引き立たせるので、ちょっと大人な感じを演出したい時にはおすすめです。

トップスとボトムスの組み合わせ次第で、カジュアルな感じからキレイめスタイルまで幅広く楽しめるので、これを参考にしていつでも着用できるグレーアイテムを集めてみてください。

Dコレ編集部
ファッションメディア Dコレ編集部
メンズファッションを中心に、オシャレに関する”タメ”になる情報をお届け!オススメのアイテムやコーディネート、お悩みを解決する方法などを分かりやすく解説します。

 

\ みなさまのご意見お待ちしています /

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!

3+