【ユニクロ×イネス】ジャガードセーター ユニクロ唯一の総柄ニット

ユニクロ×イネス、ユニクロ × J.W. アンダーソンと立て続けにコラボを発表した2017年の秋冬ラインナップ。正直ユニクロUほど盛り上がってない感が否めない2つのコラボですが、ユニクロ×イネスのジャガードセーターが個人的に好みだったので激プッシュします!ユニクロでは唯一の総柄ニットということでかなり貴重なアイテム。見所が多いので今回レビューしていこうと思います!

 

ユニクロ×イネスってどんなコラボ?

ユニクロ×イネスって初めて聞いた方のためにどんなコラボか簡単に説明します。

イネス・ド・ラ・フレサンジュ

「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」さんは、フランスの女性ファッションモデルです。現在は、デザイナー、実業家、ジャーナリストなどの活動が中心。

高身長でスラっとしておりクールな顔立ちが印象的です。ちなみにカシミヤを通してユニクロを知ったそう。

コンセプト

コンセプトは「ヒュッゲ」。デンマークで「温もり」や「心地よい雰囲気」を意味する言葉で、日常で使える温かみのあるアイテムをメインに表現しています。

出典 https://www.fashion-press

アイテムの印象

全体的に、落ち着いた大人の印象を与えるアイテムが多め。ツイードジャケットやコーデュロイジャケットなど、おじ様感の強いアウター類は初心者の方には着こなしが難しそう。値段も少し高めなので、それならユニクロでいいじゃんってなります。ニットもカシミヤのセーターは9,990円なので、普通のユニクロで十分です。ボトムは、コーデュロイパンツが注目。細身でシルエットがキレイですしトレンドを意識するなら有りですね!

【木曜連載】ユニクロNEWS|2017AWは〇〇とのコラボを発表!

2017.08.17

 

 

なかでもオススメがジャガードセーター

ユニクロ×イネスで特におすすめなニットがこちらのジャガードセーター。ユニクロでは貴重な総柄のニット。今あるユニクロのニットの中でボーダーを除くと、柄ニットはたったのコレだけです!ユニバレしやすい昨今、このニットはほぼユニクロってバレることはないでしょう。(社内で実証済み)

冬らしい温かみのあるフェアアイル柄で3色展開。色はこちらのネイビーがオススメです。薄くはないしっかりとしたニットの割に価格も2,990円と激安!大型店の店頭では全サイズ売っていましたが、オンラインストアではSとXLしかない状態です・・・

シャツとレイヤードすれば真冬もOK

モデル:168㎝/63kg L着用

このようにシャツとレイヤードしてアウターを羽織れば10℃以下の真冬も全然着れちゃいます。ちなみに私の体型では、シャツとレイヤードすることを考慮してLサイズを選びました。170㎝前後の細身体型の方はMサイズで大丈夫でしょう。

体にピタッと吸い付くような細身のシルエットなのでレイヤードしても野暮ったくならないのが良い所。イネスの他のニットも着てみましたが、これが1番シルエットがキレイだったんじゃないかな。クルーネックなので使い勝手も良し!です。

しっかりとしたジャガード編み

ジャガード編みとは、複数の色糸を編み込んでこのように柄を表現する編み方のことです。このニットはフェアアイル柄という柄をジャガード編みで表現しています。

編み方で柄を作るため、非常に複雑で手織りならめちゃくちゃコストがかかります。現在はコンピュータ制御とジャガード織機によって低コストで生産することが可能ですが、もちろん品質はピンキリです。

編み方が雑で安っぽいジャガード編みのセーター、思い返してみるとその辺の安い服屋でよく見かけませんか?

ユニクロ×イネスのこのニットは複雑な模様をしっかり織られており品質は素晴らしいですね!しかも最初手に取ったときは毛100%と勘違いするほど柔らかくてフカフカの触り心地でした。科学の結晶です!

まだ着込んでないため耐久性が未知数ですが、そこだけがちょっと心配なポイントです。

素材
51% アクリル,23% ナイロン,14% 羊毛,10% アルパカ,2% ポリウレタン
フェアアイル柄とは
元々スコットランドのフェアアイル島で作られた模様の名称。色鮮やかな色合いで幾何学模様をボーダー状に編み込んだ模様のこと。

 

 

着こなし紹介

総柄ニットって「着こなしが難しそう」「子供っぽくなりそう」って印象を持ちがちですが意外と使いやすいアイテムなんです。

ポイント①
黒ボトムと合わせる

総柄ニットは黒ボトムを合わせてシンプルに着るのが正解。シャツやタートルネックとレイヤードして首元にアクセントを作ると大人っぽい着こなしに。柄ニット=カジュアルなイメージですが、サイジングをしっかりしてIラインシルエットを作れば大人の雰囲気で着ることができるのです。この形を基本としてアウターを羽織っていくと真冬の柄ニットコーデが即完成しますよ!

ポイント②
キメ過ぎなアウターは避ける

 

基本コーデにアウターを羽織る際のポイントは、キメ過ぎなアウターを避けること。例えばチェスターコートやトレンチコートのようなビジネスシーンを思い出すアウター。カチッとし過ぎて普段着に合わないコーデになってしまいます。そこでバランス良く着れるアウターがダッフルコートやダウンジャケットです。大人の雰囲気を着崩してくれるので柄ニット+シャツ+黒スキニーに合わせるアウターとしてピッタリなんです!ぜひ覚えておきましょう!

 

まとめ

ジャガードセーターの評価(あくまで参考です)

★★★★☆4.5)

ヨウ
特に評価するポイントは「希少性」です。

基本シンプルが多いユニクロなので、こういった総柄ニットはしばらく出てこないんじゃないかな。しかもコラボアイテムなのでGETしておいて損はないと思いますよ!

それに似たようなアイテムが多いなか、こういった変化のあるアイテムは嬉しいですよね!ユニクロの服をいつもより楽しく着ている自分がいました(笑)

皆さんもユニクロで普段買わないアイテムに挑戦してみてはいかがですか♪

それでは今週は以上です!次回もお楽しみに(*^^)v

 

面白い連載があったらアンケートで人気投票しよう!!

▶過去の記事◀

木曜連載担当のヨウ

ゴルフと漫画をこよなく愛する30代。

お気に入りの連載を応援しよう!
アナタの投票で連載が変わります!

毎月、人気のない連載は打ち切りで翌月から新しい作者による新しい連載がスタート!読者の皆さまの意見が連載に反映されます!