【メンズ】カッコいいストリート系ファッションの着こなし術・コーデ集

メンズファッション ストリートコーディネート

若者を中心として人気が高いストリート系ファッション

ストリート系ファッションがイマイチどういうものなのかわからない・・・。そんなお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

ということで、今回はストリート系ファッションについて徹底解説!

着こなしのポイントや必須のアイテム、おすすめのコーディネート集をご紹介していきます。

 

ストリート系ファッションって?

ストリート系ファッションとは、ファッションデザイナーやアパレル企業が作り出すファッションではなく、街中に集まる若者たちから自然発生して生まれるファッションのことを言います。

ストリート系ファッションに対して正確な答えはなく、時代や文化、音楽に映画などの影響を受けやすいです。

なぜストリート系ファッションは人気になったのか。理由としては、誰でも出来る自由さや気軽さが挙げられます。

高価なハイブランドの洋服が特徴のモード系(ファッション業界の流行も反映されやすい)に対し、街中から発生するストリート系コーデはそもそも私たちに馴染みやすいですよね。

また、WEARやInstagramなどのSNSで、自分のファッションを発信する環境が多いことも影響していると言えます。

目次へ戻る↑

ストリート系ファッションの着こなしポイント

90年代など、以前のストリート系ファッションは、全体的にダボダボしたアイテムのコーデが主流でした。

今では時代の風潮にあったちょっと大人っぽい着こなしが支持されるようになってきています。

以前のままではない、イマドキのカッコいいストリート系ファッションには次の3つのポイントがあるので説明していきます。

①シルエット

②色使い

③キレイめとカジュアルのミックス

これらをしっかりおさえていきましょう。

シルエットはIライン、またはAラインシルエット

Iラインシルエット・Aラインシルエット

コーディネートをカッコよく見せるためには、しっかりとシルエットを作る必要があります。

その理由は、シルエットにメリハリがないとだらしない印象になってしまうからです。

カジュアルさが際立つストリート系ファッションには、大人っぽいIラインシルエットと男らしいAラインシルエットがおすすめです!

Iラインシルエットのコーデ例

トップスもパンツも細身でまとめた、スラリとスマートに見えるシルエット。

カジュアルなストリートコーデによって必要以上に幼く見えるのを防ぐことができます。

Aラインシルエットのコーデ例

上半身はショート丈アウターでコンパクトに、下半身はワイドパンツでボリュームをもたせたシルエット。

重心が下に行く視覚効果によってどっしりと男らしい雰囲気になり、ストリートコーデをよりワイルドに見せることができます。

色使いは「モノトーン+有彩色2色以内」

色を多く使ったコーデは幼い印象になってしまいます。

ストリート系とは言えど、白・黒・グレー(モノトーン)の無彩色をベースとして、有彩色は2色以内に抑えましょう。

「モノトーン+有彩色2色」のコーデ例

「キレイめ」を取り入れる

カジュアルすぎるコーデ

「ストリート系だからなんでもあり!」と、こんな風に好きな服を着ていればいいわけではありません。

ストリート系ファッションはその前提から、どうしてもカジュアルなアイテムに偏りがちなので、キレイめな要素を取り入れるだけでイマドキの好バランスなコーデになります。

キレイめな要素を取り入れた例

まとめ

現在主流のカッコいいストリートコーデは・・・

  1. シルエット
  2. 色使い
  3. キレイめとカジュアルのミックス

この3要素をふまえて、カジュアルさを残しつつキレイめ感を取り入れた大人っぽいスタイル!

目次へ戻る↑

ストリート系ファッションにおすすめのアイテム

前述の通り、「これがストリート系コーデだ!」と定義づけるものはないのですが、ざっくり言うと「カジュアルで動きやすい」というのが前提のようです。

人気のストリート系コーデが楽しめるおすすめの服をご紹介します!

目次へ戻る↑

お手本コーディネート集

おすすめの、今風なストリート系ファッションのコーディネートを一気にご紹介します!

ぜひ参考にしてみてください。

黒スキニーパンツでスッキリまとめる

黒スキニーパンツにベージュのパーカーを合わせたシンプルな着こなし。

シルエットを整えれば、大人っぽい雰囲気のストリートコーデに仕上がります。

着用アイテム
ビッグシルエットパーカー 
ロング丈Tシャツ 
黒スキニーパンツ 
ダッドスニーカー 
PUレザーリュック 
無地ソックス 

モノトーンで統一してクールに着こなす

モノトーンでまとめたシンプルな着こなしは、ストリート系のクールな雰囲気はそのままに、ゴチャつき感が抑えられ大人っぽさも兼ね備えた見た目に仕上がります。

着用アイテム
ブロッキングTシャツ 
ロング丈Tシャツ 
黒スキニーパンツ 
キャンバススニーカー 
キャンバストートバッグ 
ダブルリングネックレス 
ボーダー柄ソックス 

濃紺のデニムでコーデを落ち着きをプラス

デニムスキニーにコーチジャケットとパーカーを合わせたコーデ。

カジュアルアイテムが多い着こなしは、トーンを抑えることで落ち着いた印象に仕上がります。

着用アイテム
コーチシャツジャケット 
ビッグシルエットパーカー 
デニムスキニーパンツ 
ダッドスニーカー 
PUレザーショルダーバッグ 
無地ソックス 

ブルーのデニムで季節感を演出

カーキのコーチジャケットとブルーのデニムを使った、有彩色2色の着こなし。

スニーカーとバッグを黒に統一することで、コーディネートを引き締めてくれます。

着用アイテム
コーチシャツジャケット 
ビッグシルエットパーカー 
デニムスキニーパンツ 
PUレザースニーカー 
PUレザーリュック 
無地ソックス 

ジョガーパンツでスポーティーに着こなす

全身をモノトーンで統一した着こなし。

ボディバッグを使って、さり気なくトレンドを取り入れています。

マウンテンパーカー 
ビッグシルエットスウェット 
ポンチジョガーパンツ 
ダッドスニーカー 
ボディバッグ 
無地ソックス 

モノトーン×MA-1で男らしい印象に

ジョガーパンツに、パーカーとMA-1を合わせた着こなし。

パーカーのフードをしっかりと整えることで顔周りにボリュームでき、視覚効果で顔を小さく見せてくれます。

着用アイテム
MA-1 
ビッグシルエットパーカー 
ポンチジョガーパンツ 
ダッドスニーカー 
無地ソックス 

ボーダー柄をアクセントに

細身のジョガーパンツを使えば、野暮ったくなりがちなカジュアルコーデもスタイリッシュにまとまり、今風なストリートスタイルが完成します。

着用アイテム
オープンカラーシャツ 
バスクボーダーTシャツ 
ポンチジョガーパンツ 
ダッドスニーカー 
ボーダー柄ソックス 

ロング丈Tシャツでメリハリをつける

モノトーンで統一した着こなしは重厚感があり、男らしい雰囲気を演出してくれます。

足元にレザー調のシューズを使えば、品のあるストリートコーデが完成です。

着用アイテム
MA-1 
ビッグシルエットパーカー 
ロング丈Tシャツ 
テーパードパンツ 
レースアップシューズ 
ボーダー柄ソックス 

春色MA-1で品よく着こなす

チェックシャツの上からMA-1を羽織ったコーディネート。

インナーのチェック柄がアクセントになり、こなれた印象に仕上がります。

着用アイテム
MA-1 
チェックシャツ 
アンクルスラックス 
PUレザースニーカー 
無地ソックス 

くすみカラーが今っぽい

パーカーとワイドパンツをくすんだ色同士で合わせたコーディネート。

首元からさり気なく見える白シャツが清潔感を与え、手抜き感を感じさせません。

着用アイテム
ビッグシルエットパーカー 
オックスフォードシャツ 
ツイルワイドパンツ 
3ホールシューズ 
ボディバッグ 

CPOジャケットでトレンド感を演出

ワイドパンツを使ったAラインシルエットの着こなし。

パーカーにトレンドのCPOジャケットを羽織れば、今季らしいコーディネートが完成します。

着用アイテム
CPOシャツジャケット 
ビッグシルエットパーカー 
ツイルワイドパンツ 
PUレザースニーカー 
PUレザーショルダーバッグ 

 ベーシックカラーで落ち着いた印象に

コーチジャケットとデニムを合わせたコーディネート。

カジュアルな着こなしは、シルエットをしっかりと整えることで大人っぽさをカバーできます。

着用アイテム
コーチシャツジャケット 
バスクボーダーTシャツ 
デニムスキニーパンツ 
PUレザースニーカー 
キャンバストートバッグ 
無地ソックス 

ダークトーンでクールにキメる

全身を落ち着いた色味で統一したコーディネート。

足首から見えるボーダー柄のソックスが、こなれ感を演出してくれます。

着用アイテム
コーチシャツジャケット 
ハーフミラノリブニット 
ロング丈Tシャツ 
黒スキニーパンツ 
ダッドスニーカー 
ボーダー柄ソックス 

 

※ ※ ※

いかがでしたか?

ストリートファッションはポイントをおさえることで、イマドキでカッコよく見せることができます。

決まった形のないストリートファッションですが、お手本コーデの真似からスタートするのが簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

目次へ戻る↑