重苦しく見せない!男らしくキマる『黒パーカー』の配色&コーデ紹介

黒パーカー・パーカーのメンズコーデ

こんにちは!Dcollectionスタッフのぐっさんです( ‘ω’)

あと1週間ほどで2月も終わり3月になりますが、春のファッションについて悩み始める方が増えてくる頃ではないでしょうか?

「気楽に着ることができて、クールに見せられる」

そんなアイテムがあったらいいと思いませんか?(ΦωΦ)

大人男子にオススメな『黒パーカー』

黒パーカー

そんな欲張れるアイテムが「黒パーカー」!!

パーカーって気楽に着られるし、定番アイテムだから馴染みやすさもあるので、普段何気なくパーカーを着ている方は、とても多いのではないでしょうか( ‘ω’)

パーカーはクールに見えない!?

パーカー単体でみると、パーカーはカジュアルな印象が強いので、「クールさ」というよりは「親近感」を感じやすいアイテム。

ですが「無地の黒パーカー」で、黒を基調するコーデ黒を印象付けるコーデをつくることで、一気にクールなコーデをつくることができるんです!

『黒パーカーコーデ』で気を付けるポイント

黒パーカーのメンズコーデ

黒は白と同じく色合いがないため、クセがなくどんな色とも合わせられる色です。

しかし、黒で無地のパーカーを選んでも、パーカーはカジュアルなアイテムであることには変わりません。

「合わせるアイテム」や「配色」などで、どこかに大人っぽさを加えるようにしましょう。

また、黒は「重厚感」がでるので重たく見えやすい色。

カッコよくクールに見せられる反面、威圧感も出やすいので、シーンによっては気を付ける必要があります。

黒の重厚感を抑えるには

黒×明るめな色(薄めな色)

「明るめな色」を合わせれば、軽さが加わるため重厚感を抑えることができます。

黒に近いような暗い色を合わせてしまうと、黒と同化してしまい重厚感がさらに増してしまいます。

黒×強い色

「強い色」とは、視線を集めやすい色のこと。派手さや華やかさを感じさせる色は、つい視線を向けてしまいますよね!

黒に強い色を合わせると、視線をその強い色に集めることができるので、黒の威圧感から意識を逸らすことができ、黒の重厚感を抑えることができます。

オススメな『黒パーカー』のメンズコーデ

それでは「黒パーカー」の色合わせとコーデを見ていきましょう( ‘ω’)

ブラック×ベージュ

まずは、今季の注目カラーのベージュと合わせた配色からご紹介!(ΦωΦ)

色の中で一番暗い色である「黒」にベージュを合わせるなら、暗すぎないベージュがオススメ!

黒とベージュの明暗でコントラストが生まれ、コーデが軽やかさに見えるだけでなく、春らしい季節感も出すことができます。

ベージュのステンカラーコート

黒パーカーとジーンズにベージュのステンカラーコートを羽織ったコーデ

パーカーとジーンズを合わせたカジュアルな組み合わせには、キレイめで大人っぽく見せてくれる「ステンカラーコート」を合わせるのがオススメ。

濃色のジーンズなら、より子供っぽさを抑えた、落ち着きのある大人なコーデに見せることができますよ!( ‘ω’)

ベージュのコーチジャケット

ベージュのコーチジャケットと黒パーカーのコーデ

「ベージュ」と「ブラウン」の同系色配色は、有彩色がメインのコーデでもスッキリして見えます。

全体的に「穏やかさを感じさせる配色」なので地味に見えがちですが、トレンドのコーチジャケットを合わせたり、チェック柄でコーデに変化をつけることで、地味見えしない旬な着こなしに見せられます。

黒パーカーがコーデをキリッと引き締め、 穏やかだけど男らしさを感じさせてくれます( ´◡` )

ベージュのチノパンツ

黒パーカーの下にストライプシャツを重ね着したベージュパンツコーデ

黒パーカーはあえてオーバーサイズを選び「ルーズに」、ボトムスは細身のスキニータイプを選び「タイトに」することで、スタイリッシュなコーデが完成!

シルエットでメリハリをつけると、カッコよく見せられます( ‘ω’)

またパーカーの首元から、ベージュの反対色の「ブルー系」のストライプシャツをチラ見せして色合いに変化をつけるのもオススメ!

ベージュと黒の穏やかな配色に動きが生まれるので、コーデにアクティブさを加えることができます。

ブラック×ブルー

ブルーを合わせるなら、パーカーとは素材感が異なる「デニムアイテム」がオススメ!

デニムはパーカーとの「素材感の違い」が一目でわかるので、変化をつけやすく、のっぺり感のないコーデが手軽につくれます。

ブルーのデニムチェスターコート

黒パーカーとデニムチェスターコートのメンズコーデ

ブルーでも暗い色を黒と合わせてしまうと、同化してしまい重たい印象が増してしまいます。

ベージュと同じく「普通~明るめ」なブルーを合わせることで、黒とのコントラストが生まれ、デニムのブルーの爽やかさを活かした配色をつくることができますよ(*´∀`*)

パーカーにキャップやスニーカーを合わせると、スポーツテイストに仕上げることができます。

ブラック×カーキ

ミリタリー感があるカーキは、黒と合わせることで「男らしさ」が増します。

暗すぎないカーキを選ぶと、葉っぱなどの自然を連想させる「ナチュラルさ」が引き立ち、コーデが重たくならずカジュアルな着こなしが楽しめますよ♪

カーキのコーチジャケット

黒パーカーとカーキのコーチジャケットの黒スキニーコーデ

黒パーカーと黒スキニーを合わせた「黒を基調とした配色」をつくることで、野暮ったさのない、キリッとクールな印象のコーデをつくることができます。

ロング丈Tシャツやスニーカーの紐で白を差し色として使うことで、メリハリがUP!アクティブな印象が加わるので、若々しさもでます( ´◡` )

ブラック×テラコッタ

派手ではないけれど人目を惹く「テラコッタ」は、コーデのアクセント使いにもピッタリ!

アクセントとして使うなら、「濁り感」が強すぎないテラコッタを選ぶのがオススメです。

黒パーカーとテラコッタのモックネックTシャツのコーデ

黒パーカーと黒ボトムスのシンプルな着こなしにプラスするだけで、コーデの雰囲気がガラッと変化。

首元と裾から覗くテラコッタが印象的な、「大人っぽさ」と「存在感」のあるコーデです( ‘ω’)

色の強さを感じる配色なので、ナチュラルな色のトートバッグを合わせると、色の強さを少しマイルドにすることができます。

ブラック×グレー

ブラックとグレーの配色は、上品で洗練された印象がつくりやすいので、大人の男性にぜひ押さえておいてほしい色合わせ。

チャコールグレーなど黒に近いグレーを選ぶと、黒と同化してしまいグレーの上品さがなくなってしまうので、暗すぎないグレーを選ぶのがオススメです。

グレーのグレンチェック柄ジャケットと黒パーカーのワイドパンツコーデ

黒のワイドパンツを合わせて「ゆるシルエット」をつくれば、旬な着こなしに見せることができます。

ワイドパンツはルーズな印象を与えますが、コーデを黒とグレーの配色でつくることで、大人っぽく仕上がります。

黒のトートバッグでコーデに占める黒の面積を増やすと、配色バランスが取りやすいのでオシャレに見せやすくなります。

他にも、白のボディーバッグを合わせて、黒・グレー・白のグラデーション配色をつくると、こなれたコーデに見せられるのでオススメですよ(*´∀`*)

※ ※ ※

いかがでしたか?このブログが皆さんの参考になりましたら、とても嬉しく思います( ´◡` )

ぜひ黒パーカーを使って、オシャレを楽しんでみてくださいね!

最後に

〒 連載への自由なコメントお待ちしてます

連載メンバーにやってほしいこと聞きたいこと、なんでもOK!私たちは読者様とガチで向き合い、皆様のご要望にお応えします。

ぜひ週間連載改善のために1分で完了するアンケートにご協力ください_(._.)_

そして一緒に面白い連載コンテンツを作り上げていきましょう!

ぐっさん

先日、連載アンケートに「ベージュってあまり似合わないと思っていたけれど、ベージュの記事を読んでチャレンジしようと思いました!」と、とても嬉しいお言葉が…!!(*´∀`*)

他のアンケートなどでも、水曜ブログを読んで「色に興味を持つようになった」「オシャレが楽しくなった」など、ありがたいお言葉をいただけるようになり、とても嬉しいです。

コメントを下さった皆さん、ありがとうございます♡m(._.)m