【リクエストにお答えします!】生地の特徴やメリット、デメリットについて

生地について
サキ

こんにちは!サキです(^^)/

5月に入りやっと暖かさを感じられる日が多くなってきましたね!徐々に夏服にチェンジするころだなと、ワクワクしています( *´艸`)

今回はコチラのリクエストにお答えします!

お客様
生地特集をやっていただけると嬉しいです。
サキ

リクエストありがとうございますm(__)m

洋服の生地によって柔らかい印象に見えたり、品の良さを演出してくれるのでとても大事ですよね!

早速コチラのリクエストにお答えするべく!生地について紹介していきたいと思います!!

生地の特徴について

それでは早速生地について紹介していきます!

今回登場する生地はこの5つです(^^♪

  • 綿(コットン)
  • ポリエステル
  • ポリウレタン
  • レーヨン

それぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介するので、今後お洋服を買う際の参考にしてみてくださいね♪

綿(コットン)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

masato.sさん(@matt1982s)がシェアした投稿

天然繊維の中でも植物繊維にあたる綿(コットン)。身近で肌に優しい生地なのが特徴です。

また吸水性にも優れているので、汗や水を吸い取ってくれるため、よくタオルやTシャツに使用されています。

メリットについて

綿のメリットは肌触りが良く、清涼感のある着こなしができること!

ふんわりとした柔らかい生地感なので、着心地の良さが抜群!また吸水と蒸発の両方の性質を持っているため、汗をかく暑い季節でも快適に過ごすことができます。

デメリットについて

デメリットは縮みやすいこと!

吸水性はありますが、それが乾燥すると着る前よりも縮む性質があります。

ですが洗濯や乾燥の正しい方法を守ることで解消することができますよ!

ポリエステル

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ウェディングドレス生地 パザパ 京都さん(@pasapas838)がシェアした投稿

化学繊維であるポリエステル。丈夫な生地で、光沢感のある質感が特徴です。

メリットについて

ポリエステルのメリットは、強度が強くシワになりにくいこと

洗濯をしても縮むことがなく、アイロンもいりません。また速乾性に優れているので、スポーツウェアによく使用されています。

デメリットについて

デメリットは、静電気を帯びやすいということ。

洗濯をするときは柔軟剤を使用し、防止するのがおすすめですよ!

ポリウレタン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mayumiさん(@miuxxx27)がシェアした投稿

ポリエステル同様、化学繊維であるポリウレタン。伸縮性が抜群で、水着やストレッチ性のある洋服に使用されています

また最近では上の画像のようにマスクにまでポリウレタンを使用するようになったようです( ゚Д゚)

抜群の伸縮性により、顔にフィットするんだとか・・・・。

メリットについて

ポリウレタンのメリットは、伸縮性に優れていること!染色性もあるので、様々なカラーを楽しむことができます。

またシワになりにくいので、清潔感を損なうことなく着用することができます。

デメリットについて

衣類に使用されているポリウレタンは、約2.3年が寿命です。

月日が経つほどに、劣化していってしまうのです。(このことを経年劣化という)

実際洋服に使われるポリウレタンの量が、5%以下と少ない量であればさほど問題はないのですが、配合させる量が多いと2.3年で寿命が来てしまうと考えてよいと思います。

レーヨン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

masaさん(@ms__005)がシェアした投稿

天然繊維であるレーヨンは、シルクのような高級感のある光沢があるのが特徴です。

上着の裏地や、女性の肌着にも使用されています。

また最近では上の画像のような、レーヨンを使用したシャツも人気ですよ!

メリットについて

レーヨンのメリットは、光沢感のある生地感としっとりとした肌触りの良さです。

また清涼感があるので、夏にピッタリの素材です。

デメリットについて

デメリットは水に弱いということ。

洗濯をすると縮んでしまうので注意が必要です。

またシワになりやすい生地ですが、スチームアイテムはNG!極力水に触れないようにお手入れしてくださいね!

補足説明

Dコレの洗えるニットですがレーヨンが63%入っており、洗濯が不可能に思われるかもしれません。ですが第3者の機関により実験が行われ、このニットは洗えると判断されたため、ウォッシャブルニットとして販売をさせていただいております。

水に弱いレーヨンでも繊維によっては、洗えるものがあるということになります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAKEMI CLOTHさん(@takemicloth)がシェアした投稿

天然繊維である麻。夏になると洋服の生地で見かける機会が増える生地です。

通気性が良く、夏らしい生地感なのが特徴です!

メリットについて

麻のメリットは通気性が良く、吸水・吸湿性に優れていところです!汗をかいても肌に張り付きにくいので、夏服の素材に多く使われ人気です。

また少し硬めの生地感が、使用しているうちに独特の味が出てくるので、自然とこなれた雰囲気を演出することができます。

デメリットについて

デメリットは、色移りがしやすいことです。

染料が浸透しにくく完全に色が入らないため、洗濯や着用中に色落ちしてしまう可能性があります。

なので洗濯する際はきちんと洗濯絵表示を確認し、洗濯をしましょう!

 

※ ※ ※

いかがでしたか?

生地によって特徴が違うので、用途に応じて選ぶのがおすすめですよ!

最後に

〒 連載への自由なコメントお待ちしてます

連載メンバーにやってほしいこと聞きたいこと、なんでもOK!私たちは読者様とガチで向き合い、皆様のご要望にお応えします。

ぜひ週間連載改善のために1分で完了するアンケートにご協力ください。そして一緒に面白い連載コンテンツを作り上げていきましょう!

コメントありがとうございます!

今回リクエストをいただいていた方から、こんな嬉しいコメントをいただきました!

お客様
去年レディースファッションについて質問した者です。遅くなりましたが特集やっていただきましてありがとうございました。今は産後の体型崩れで服選びが面倒になった嫁が私に毎回ユニクロで「服選んで」と頼まれるようになりました。これもDコレで日々有益な情報を吸収したからだと感謝しています。
サキ

嬉しいお言葉、ありがとうございます!!旦那様にお洋服を選んでいただけるなんて、とても素敵です♡

またのリクエストお待ちしておりますm(__)m

 

※ ※ ※ 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

また来週お会いしましょう!!