通年穿き回せる万能ボトム!【デニムスキニーパンツコーデ20選】

オシャレの強い味方といえば、通年穿き回せるデニムスキニーパンツ

馴染み深いデニムアイテムだからこそ「カッコよく着こなしたい!」という方へ向けて、デニムスキニーパンツのコーディネートと着こなし方をご紹介していきます。

 

- カラーで探す -

▸ワンウォッシュのコーデ

▸ブルーのコーデ

※画像をタップするとそれぞれのデニムコーデに移動してくれます。

 

ワンウォッシュデニムのおすすめコーデ
denim COORDINATE

パーカーを合わせてとことんカジュアルに

デニム×パーカーでとことんカジュアルに仕上げたスタイル。

幼い印象にならないように、アウターやシューズはブラックをセレクトして、コーディネートに重厚感を与えてあげるのがポイントです。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

白シャツ×デニムでクリーンな印象に

デニムが持つ親近感を活かしつつ、キレイめカジュアルスタイルを実現するなら、白シャツをプラスするのがおすすめ。

きちんと感のあるシャツを取り入れるだけで、程よい上品さと清潔感が加わります。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

   

アースカラーで柔和さをアピール

アースカラーが魅力の柔らかい雰囲気漂う着こなし。

ブラックなどのパキっとした色のボトムよりも風合いのあるデニムの方が、アースカラーの柔和さを邪魔することなくオシャレに仕上げてくれます。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ジャケットスタイルのハズしとして

テーラードジャケットを身近な普段着として着用したい時にも、一役かってくれるデニムスキニーパンツ。

ジャケットのカッチリ感を緩和してくれるため、堅苦しい印象になるのを防いでくれます。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

Yラインシルエットでスタイルアップ

丈の長いアウターと細身のボトムでつくるYラインシルエットコーデ。

細身のデニムを合わせることで、下半身がスッキリと見えるため、スタイルアップにも繋がります。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

ソックスを見る

バッグを見る

シューズを見る

※シューズは4月末に再入荷を予定しておりますので、類似品でのご紹介となります。

ダークトーンで落ち着き感のある大人コーデ

色をダークトーンでまとめることで、カジュアルなアイテム同士でも大人な落ち着いた雰囲気を醸し出します。

差し色の「白」がダークトーンコーデのアクセントとして活躍。また春らしい季節感を演出してくれますよ。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

 

ボーダーで春らしさUP

デニム×ボーダー柄の組み合わせは、女性からも人気の春スタイル。ワンウオッシュのデニムを合わせることで、カジュアルになりすぎず落ち着いた印象を演出してくれます。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

キレイめとカジュアルはバランスよく取り入れる

大人っぽい印象の春ニットに細身のパンツをあわせたスマートな着こなし。

デニムを合わせてキレイめとカジュアルのバランスを整えると、キメ過ぎた印象になりませんよ。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

ボトムを見る

   

着丈で抜け感を出す

アウターとトップスの着丈の差が絶妙な抜け感を感じさせてくれるため、イマドキ感のあるスタイルが実現。

足元はレザー調シューズで、きちんと感をプラスすることを忘れずに。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

メリハリはロング丈Tシャツに頼る

カジュアルな印象が強いスウェットも、くすみ系のカラーをセレクトすることで、落ち着いた印象に。

トップスとボトムを同系色でまとめるときは、ロング丈Tシャツを挟んでメリハリを出すのがポイントです。

ITEM LIST

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

テイスト一覧へ戻る↑

ブルーデニムのおすすめコーデ
denim COORDINATE

濃色アウターで引き締める

ブルーデニムの爽やかさを引き立たせつつ、コーデ全体の印象をシュッと見せたいときは、濃色のアウターが最適。

さらにシャツを重ね着することで縦ラインが強調されるので、より効果的ですよ。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

 

スウェット合わせでラフに着こなす

デニムに着疲れしにくいラフさが魅力のスウェットを合わせた着こなし。

バッグはナチュラルな印象を演出してくれるトートバッグをセレクトして、より親しみやすさを出すのがポイントです。

ITEM LIST

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

ブルーデニムなら淡い色味とも相性抜群

淡い色ともよく馴染んでくれる、ブルーデニムを使ったコーデ。

ぼやっとした印象を与えないために、ブラックの小物を目の付きやすい位置にプラスすると、さらにオシャレに見せてくれます。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

ジャケットとローファーでコーデを格上げ

パーカーとデニムのみのコーデは、なんだか物足りない印象になりがち。

そんな時は程よいきちんと感を演出してくれる、ローファーやジャケットと合わせて、大人カジュアルを意識するとコーデの完成度がグッとアップします。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

ロングコートで品をプラス

チェスターコートのようなロング丈のコートには、細身のデニムパンツをあわせて「Yラインシルエット」に整えることで大人っぽくキマリます。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

   

カーキでカジュアルコーデに落ち着きをプラス

カジュアルな雰囲気を守りつつ、パーカーコーデに大人っぽさをプラスしたいときは、カーキのアウターを合わせるのがおすすめ!

カーキのアウターなら、落ち着いた印象とオシャレな雰囲気を同時に感じさせてくれますよ。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

開襟シャツでラフに賢く

首元のあいた開襟シャツはスッキリとした印象に見せられ、カッチリとした印象のシャツに抜け感をプラスしてくれます。

ITEM LIST

トップスを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

 

大人っぽいのに親しみやすい

キレイめアウターやバッグで大人っぽさを演出しつつ、デニムで親しみやすさをプラスするのが◎

またトップスにホワイトのアイテムを持っていくことで、顔周りがパッと明るくなり顔色が良く見えますよ。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

バッグを見る

迷ったらモノトーンカラーに頼る

ブルーデニムとの色合わせに迷った時は、失敗しないモノトーンに頼るのが◎

モノトーンのシックな雰囲気が、ブルーデニムのカジュアルさを抑えてくれるため、大人の男性にもおすすめしたい着こなしです。

ITEM LIST

アウターを見る

トップスを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

アースカラーでこなれ感をプラス

白シャツにカーキのMA-1を合わせた春のカジュアルコーデ。ブルーのデニムを合わせることで爽やかさが引き立ち、春夏にピッタリの着こなしが完成します。

ITEM LIST

アウターを見る

インナーを見る

ボトムを見る

シューズを見る

ソックスを見る

 

テイスト一覧へ戻る↑

いかがでしたか?

この記事があなたのデニムスキニーの着こなしの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。