【色合わせ】濃色デニムパンツ×カラーTシャツのカジュアルコーデで夏→秋を乗り切る!

皆さんこんにちは!ぐっさんです。

どんな色とも合わせやすい黒スキニーは色合わせに悩まないけれど、色がついているデニムパンツとなると色合わせに悩んでしまう…なんてことありませんか?

デニムパンツ・デニムスキニー

今回のブログは「デニムパンツ」について、お話していきたいと思います。

モニター・デバイス、環境によって色が異なって見える場合がございますので、ご了承くださいm(._.)m

 

デニムパンツの色別イメージ

デニムパンツといえば、このような「ブルー系のカラー」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

左から濃色(ネイビー)・ブルー・淡色(水色)と、ざっくりですがだいたいこの3色に分類することができるかなと思います。

メーカーやブランドによって、色の名前もさまざまです

デニムパンツはカジュアルな印象が強いアイテムですが、色によって与える印象が異なってきます( ‘ω’)

濃色のデニム


【色名】
ワンウォッシュ・ダークインディゴブルー・ネイビーなど

暗く濃い色は黒に近くなるため、キリッと引き締まり大人っぽい印象が強くなります。

ブルーのデニム


【色名】
インディゴ・ブルーなど

濃色や淡色に比べて青の鮮やかさが強くなるので、「カジュアルさ」や「若々しさ」を感じさせることができます。

淡色のデニム

シャツとデニムパンツのコーデ

【色名】
サックス・ライトブルーなど

白に近い色になるので、フンワリと柔らかい雰囲気を与えてくれます。優しい雰囲気や可愛らしさを演出しやすくなります。

 

使いやすいのは『濃色』

どんな色のデニムパンツを買おうか悩む方には、黒に近い濃色のデニムパンツがオススメ!

デニムスキニーパンツ
‣このデニムパンツの商品ページを見る

黒はフォーマル(きれいめ)な印象を持つ色。黒に近い色を選ぶことで、デニム特有のカジュアルさを和らげることができます。

カジュアルさが強いアイテムはどうしても子供っぽく見えやすいため合わせるアイテムや色を選びますが、カジュアルさが抑えられることで合わせるアイテムや色の幅が増えます。

先ほどのシャツとそれぞれの色のデニムパンツのコーデをもう一度見比べてみましょう。

一番左の濃色のデニムパンツが一番大人っぽく見えますよね!つまり、濃色のデニムパンツはカジュアルさが抑えられるということです(ΦωΦ)

 

濃色デニムパンツ×カラーTシャツの配色&メンズコーデ例

それでは、配色とコーデ例を見ていきましょう。

今回は使いやすい「濃色のデニムパンツ」に「Tシャツ」を組み合わせたものを紹介していきたいと思います。

暑い日はTシャツ1枚で過ごす方が多いと思いますが、涼しくなってきてもアウターを羽織ればまだまだTシャツが大活躍しますので、デニムパンツ×Tシャツの組み合わせに「アウターなし」と「アウターあり」の2パターンを紹介していきますね(*’ω’*)

ちなみにTシャツは今Dコレでよく売れている、こちらの6色の無地Tシャツを使用して紹介していきます。

無地Tシャツ・半袖Tシャツ‣このTシャツの商品ページを見る

濃色デニム×ホワイト

白Tシャツとワンウォッシュデニムスキニーのメンズコーデ

白Tシャツ&濃色のデニムは、とてもベーシックな鉄板の組み合わせ。

黒小物やレザー調の靴でキレイめ感を取り入れたり、Iラインシルエットでスラリとした見せることで、カジュアルなアイテムばかりのコーデでも、大人っぽく仕上げることができます。

白とネイビーのコントラストがメリハリを生み、デニムのカジュアル感と合わさることで、元気でアクティブな印象を与えてくれる配色です。

+カーキのオーバーチェスターコート

白Tシャツとワンウォッシュジーンズにカーキのチェスターコートを合わせたコーデ

森や山などの色を連想させるカーキと、深い海の底の色を連想させるネイビーは、どちらも自然を感じさせるため相性が良いカラー。

白とネイビーにカーキが加わることで、一気に落ち着いた印象の配色に変化します。

カジュアルめに仕上げたい方はデニムスキニーにスニーカーを合わせるのがオススメ!大人っぽく仕上げたい方はレザーシューズを合わせましょう。

濃色デニム×アッシュ(薄いグレー)

グレーは上品なイメージを持つカラー。眼鏡やレザー調のアイテムを合わせれば、デニムパンツとTシャツのカジュアルなコーデでも品よく見せることができます。

+黒のMA-1ジャケット

黒MA-1を羽織ると男らしい雰囲気がUP。こちらもカジュアルなアイテムを多く取り入れていますが、デニムパンツ以外をモノトーンでまとめれば、子供っぽさを抑えることができます。

白に近い薄いグレーのTシャツなら、黒アウターを合わせてものっぺり感が出ず、カッコよく見せられますよ!

濃色デニム×ベージュ

ベージュとネイビーの配色は穏やかで落ち着いた雰囲気に。ベージュの柔らかい色味が優しい雰囲気を醸し出します。

ベージュとネイビーの色の明るさが異なるので、落ち着いた色同士の組み合わせでも動きが出てバランスよく見せることができます。

+黒のコーチジャケット

有彩色同士のベージュとネイビーの色合わせは、カジュアル感のある配色。

アウターを合わせるなら、MA-1よりも襟があって大人っぽく見せられるコーチジャケットがオススメ!合わせる小物もレザー調のアイテムでキレイめ感を加えると大人っぽく仕上げることができます。

濃色デニム×ブラウン

ブラウンとネイビーの組み合わせは、安心感や暖かみを感じさせる配色。

ブラウンは暗めな色なので、ネイビーと明るさの違いが出にくくなり平面的に見えやすくなります。のっぺりとして見えないように、明るめな色のバッグやキャップを合わせてメリハリをつくるのがオススメです。

+薄いベージュの開襟シャツ

ブラウンと同系色のベージュ系カラーの開襟シャツを合わせ、ナチュラルな雰囲気のコーデに。

ブラウン・ネイビー・ベージュと有彩色を3色使用していますが、色同士が主張し合わないベーシックカラーなので、まとまりのある配色をつくることができますよ!

濃色デニム×ブルーグリーン

どちらも青が入っているブルーグリーンとネイビーの配色は、統一感があります。

同じようなトーンの色は馴染みすぎて同化しやすいため、ロング丈Tシャツで白を挟むのがポイント!白でセパレーションすることで、ブルーグリーンもネイビーもそれぞれの色を引き立たせることができます。

+ホワイト×ネイビーのストライプシャツ

ブルーグリーン・ネイビーの配色に、同じ青系カラーのストライプシャツを合わせ、爽やかな雰囲気に。

シャツのきちんと感が、デニムスタイルを大人っぽく仕上げてくれますよ!

濃色デニム×スミクロ

ほぼ黒色であるスミクロは、濃色のネイビーと組み合わせることで重厚感が出て男らしい印象に。

暗い色が多いと威圧感が出て近寄りがたい印象を与えてしまいやすくなりますが、Tシャツとデニムパンツのカジュアルコーデなら親近感を与えることができます。

また、重たく見えすぎないよう、白ひものスニーカーやバッグを合わせて軽やかさを出すと、重苦しさを和らげることができますよ!

+グレーの開襟シャツ

スミクロとネイビーの暗い色の配色に明るいグレーの開襟シャツを羽織れば、一気に軽やかさを出すことができます。

スミクロのTシャツが明るいグレーの開襟シャツと濃色のネイビーを馴染ませ、スッキリとまとまりのある色合わせです。シックで大人っぽく見せることができますよ!

※ ※ ※


いかがでしたか?

濃色のデニムパンツの色合わせやコーデに悩んだ時に、このブログが参考になりましたらとても嬉しく思います(*’ω’*)

ぜひ濃色のデニムパンツにTシャツを合わせて、季節の変わり目のオシャレを楽しんでくださいね♪

最後に


〒 連載への自由なコメントお待ちしてます


連載メンバーにやってほしいこと聞きたいこと、なんでもOK!私たちは読者様とガチで向き合い、皆様のご要望にお応えします。


ぜひ週間連載改善のために1分で完了するアンケートにご協力ください_(._.)_


そして一緒に面白い連載コンテンツを作り上げていきましょう!



ぐっさん

明日はヨウが「ファストファッション」について紹介します!

また次回をお楽しみに~( ‘ω’)

次回の「色合わせ講座」は、9/7(土)にお届けします。