【50代メンズファッション】歳を重ねたからこそできる大人のオシャレとは?

50代男性の皆さん、オシャレしてますか?

このブログが気になって見てくれた皆さんは、きっとオシャレに関心があるのではないかと思います。

「何を買えばいいか分からない」
「自分にはセンスがない」
「50代って何を着ればいいのか教えて欲しい」

など、ファッションに関する悩みをお持ちではありませんか?

このブログでは、50代男性がオシャレになれる方法を詳しく解説していきます。

オススメなコーディネートやアイテムなど、ぜひ参考にしてみてください。

 

50代男性のオシャレに大切なこと

歳を重ね、年齢と共に大人の風格が現れる50代。

内面や顔立ちも大人の雰囲気を感じられるこの年代の方は、ファッションも年相応に見せることが大切です。

ラクさで選んだカジュアルなアイテムばかりだと、野暮ったさやおじさん感が出てしまったり、若い時に着ていたような服を合わせると、若作りしているように見えてしまう可能性があります。

そうならないためにも、合わせるアイテムやコーディネートはどうすればいいのかをマスターし、年相応でオシャレなファッションをしていきましょう。

最初に持っておきたい3つのファッションアイテム

ではまず、50代男性で「何を買えばいいのか分からない」と悩んでいる方のために、オシャレを始めるうえで最初に持っていると良い3つのアイテムを、厳選してご紹介します。

PICK UP ITEMS

ジャケット オックスシャツ テーパードパンツ

どれも合わせやすいシンプルな物をご用意したので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、なぜこれらのアイテムが最初に持っておきたいアイテムなのか、その理由や魅力について説明していきます。

①テーラードジャケット

ウール混素材を使用したテーラードジャケット。

保温性のあるコチラのテーラードジャケットは、冬から春にかけての寒い季節にピッタリなアウターです。

またなめらかな生地感が、品の良さと大人な雰囲気を感じさせてくれます。

カジュアルにもキレイめにも合わせやすい

このテーラードジャケットは、年齢や合わせるアイテムを問わないシンプルなデザインが魅力。

インナーにカジュアルなパーカーや、キレイめなタートルネックを合わせてもオシャレにキマるので、服装に悩んでいる50代男性の方でもコーデが楽になります。

スーツの上着のようなデザインになっているテーラードジャケットは、50代らしい大人な見た目を簡単に演出してくれます。

50代男性はテーラードジャケットをこう着こなす!

テーラードジャケットとボトムの「素材と色」を合わせると、セットアップスタイルに。

テーラードジャケットだけの場合と比べ、グッとキレイめ感が増すので、より大人な雰囲気を与えることができます。

着用アイテム

ジャケット ニットセーターニット チェックシャツ
パンツ キャンバススニーカー・メンズ靴・スニーカースニーカー  

②オックスフォードシャツ

普段着として重宝するのがコチラのオックスフォードシャツ。

襟元はボタンダウン仕様になっているため、お仕事で使うシャツよりもカジュアル度が増し、コーディネートに合わせやすくなっているのが特徴です。

また襟の大きさも小振りな作りになっているので、上にトップスを重ね着してもオシャレにキマります。

普段のコーディネートに取り入れるだけで、清潔感や大人っぽさを演出することができるシャツは、50代の男性なら1着は持っておきたいアイテムです。

無難さがコーデの幅を広げる

シンプルかつベーシックなデザインのオックスフォードシャツは、いろんな着こなし方ができる優秀なアイテムです。

無難と聞くとマイナスなイメージを持たれるかもしれませんが、無難だからこそ50代の男性でも合わせやすく、コーディネートの幅が広がるのです。

50代男性はオックスフォードシャツをこう着こなす!

白のオックスフォードシャツに、ネイビーのダッフルコートを合わせた着こなし。

清潔感のある色合わせにより、周りからも好印象な大人の着こなしができるのでオススメです。

着用アイテム

ダッフルコート シャツ パンツ
ソックス    

③テーパードパンツ

太ももやウエスト部分はゆったり感があり、裾に向かって幅が徐々に細くなっているのが特徴のテーパードパンツ。

スキニーのようにピタッとフィットしていなくても、スッキリと見せることができます。

体型に悩みが出てくる方も多い50代だからこそ、脚をキレイに見せ、スタイル良く見せることができるボトムがオススメです。

センタープレスで品の良さUP

左:センタープレスなし / 右:センタープレスあり

スーツなどのフォーマルなアイテムによく見られる、センタープレス加工が施されているコチラのテーパードパンツ。

センタープレス加工が入っていないテーパードパンツに比べ、キレイめな印象を与えるため、品の良さと大人っぽさを表現することができます。

50代男性はテーパードパンツをこう着こなす!

ロングコートにテーパードパンツを合わせることで、オシャレの基本である「Yラインシルエット」が完成。

コーデ全体にメリハリが生まれるので、スタイル良くオシャレな印象に見せることができます。

着用アイテム

チェスターコート ニット オックスシャツ
パンツ ソックス バッグ

さらに買い足すなら?オススメなアイテム6選

50代男性がオシャレを始めるとき、まず揃えて欲しい3つのアイテムを紹介しましたが、もうすでに持っている方や他のアイテムが気になる方もいると思います。

そこで、ここからはさらに持っていると便利なオススメアイテムをアウター・インナー・パンツの順でご紹介していきます。

 

50代男性にオススメなアウター
RECOMMEND OUTER

ダウンジャケット

おすすめダウンジャケット

今の時期に持っているととても便利なのが、防寒性のあるダウンジャケットです。

コチラは極力無駄を省いたシンプルなデザインにより、ダウンジャケットによく見られる着膨れ感や重さを感じさせず、スマートに見えるように設計されているのがポイント。

再生羽毛を使用しているので、環境にも優しいアイテムです。

チェスターコート

お尻や太ももを隠す長めの丈感が体型をカバーし、スタイル良くキマるチェスターコート。

トレンドらしさを感じさせる「大きめなサイズ感」がカジュアルさをプラスし、普段着に馴染みやすくなっています。

カラーバリエーションも50代男性が着ても派手過ぎない、落ち着いた色味の物を取り揃えています。

 

50代男性にオススメなインナー
RECOMMEND INNER

ウールニットセーター

ニットセーター

細かい編み目が、キレイめで品の良さを感じさせるニットセーター。

羊の毛を素材としたウール混素材なので、暖かく寒い季節でも過ごしやすいアイテムです。

カラーバリエーションはテラコッタとダークグリーンの2色で、色味を取り入れたいけど若々し過ぎない色が欲しい50代男性にオススメです。

長袖無地Tシャツ

無地のTシャツは、1着持っていると何かと使えるオススメなアイテム。

5.6ozのヘビーウェイト仕様になっているので、洗濯をしてもへたりにくいのが魅力です。

また締め付け感のないゆったりめのサイズ感は、体型を目立たせたくない50代男性の方にピッタリです。

 

50代男性にオススメなパンツ
RECOMMEND BOTTOMS

テーパードデニムパンツ

体型が気になる50代男性の方も、キレイなシルエットを作ることができるテーパードデニムパンツ。

カジュアル要素が強いデニムは、合わせ方やサイズ感を間違えると野暮ったく見える可能性がありますが、このパンツはテーパードシルエットになっているのでスマートに着こなすことができます。

締め付け感もないので、休日も楽に過ごすことができますよ。

スリムフィットパンツ(チノパン)

街中を歩いていると、穿いている男性をよく見かけるチノパン。

幅の広いものよりも、程良くフィット感のある細身のものを選ぶことで、スッキリとスマートに着こなすことができます。

さらにコチラのチノパンは、ストレッチ性抜群の生地を使用しているので、動きやすく窮屈感を感じないのでオススメです。

オシャレに見せる着こなしのポイント

アイテムが揃ったら、次はオシャレに見せる着こなし方をマスターしていきましょう。

以下の4つのポイントを意識することで、グッと普段のコーディネートをオシャレに見せることができますよ。

  1. 中年男性だからこそ、大人の貫禄を感じさせる服選びを
  2. コーデのシルエットを意識する
  3. 50代らしい色合わせを覚える
  4. 清潔感はいくつになっても忘れない

それでは早速、説明していきたいと思います。

①中年男性だからこそ、大人の貫禄を感じさせる服選びを

まず1つ目のポイントは「アイテム選び」について。

50代らしい年相応な着こなしをするには、大人な雰囲気を感じさせるキレイめなアイテムを組み合わせることが大切です。

テーラードジャケットやシャツ、スラックスなど、スーツスタイルを連想させるようなアイテムを合わせることで、大人の魅力が引き立つ上品で落ち着いた服装をつくることができます。

若い頃にはなかった大人としての貫禄があるからこそ、コーディネートに合わせる服は大人っぽさのあるキレイめなアイテムを選ぶ必要があるのです。

▼服選びについて下記のブログで詳しくご紹介しています。

#2 コーディネートの土台は「キレイめ担当服」でつくる

2019.02.20

②コーデのシルエットを意識する

続いて2つ目のポイントは「シルエット」について。

大人っぽさを演出するには、スマートさを感じさせるシルエットを作ることが大切です。

そんな50代男性にオススメなシルエットは、「Iラインシルエット」と「Yラインシルエット」の2つ。

Iラインシルエットについて

上下ともにスッキリと細身で、アルファベットの「I」ような形のシルエットです。

このIラインシルエットはスーツスタイルで見られるシルエットで、スラリと細長く、大人っぽい印象を与えてくれます。

また最も汎用性が高いシルエットなので、オシャレに苦手意識を持っている50代男性の方に特にオススメです。

Yラインシルエットについて

上半身はボリュームがあり、下半身は細身なのが特徴で、アルファベットの「Y」のような形のシルエット。

上半身にゆったりとしたアイテムや着丈の長いアイテムを使うので、体型隠しの効果も期待できます。

体型が気になってきた50代男性でも、スタイル良く見せることができるのでオススメです。

▼シルエットについて下記のブログで詳しくご紹介しています。

#4 服を着て「シルエット」を整えるまでが着こなし

2019.01.20

③50代らしい色合わせを覚える

3つ目のポイントは「色合わせ」について。

50代男性が大人っぽくかつオシャレに見せるには、モノトーンをベースに他の色を取り入れるのがオススメです。

モノトーン = 大人っぽい

上のモノトーンカラーは大人っぽく見せる効果があり、洋服に占める割合が多いほど落ち着いた印象を与えてくれます。

特に50代男性の方は、コーディネートにモノトーンを多く取り入れることを意識すると、年相応に見せることができるのです。

他は「ネイビー・ベージュ・茶色」が◎

モノトーンに合わせるカラーは、色味が落ち着いたものを選ぶのがオススメ。

特にネイビーやベージュ・茶色はベーシックカラーなので、他の色とも合わせやすく着こなしやすい色味です。

スーツスタイルでもよく使われるカラーなので、50代らしい品の良さと大人な雰囲気を表現することができますよ。

④清潔感はいくつになっても忘れない

最後のポイントは「清潔感」について。

清潔感は、周りから好印象に見られるために大切な部分です。清潔感がないだけでせっかく考えたオシャレも台無しになってしまいます。

服にシワや汚れている部分はないか、また匂いは大丈夫かなど、きちんと確認してからお出かけしましょう。

【季節別】オススメなメンズコーデ

50代男性の皆さん、オシャレに見えるためのアイテムや着こなし方は分かりましたか?

ここからは今までご紹介してきたことを含め、応用として季節別にコーディネートをご紹介していきたいと思います。

春にオススメな50代のメンズコーデ

セットアップで余裕を感じさせる大人の着こなし

アラフィフコーデ1

グレーのテーラードジャケットを合わせた、セットアップのコーディネート。

ドレス感のある着こなしなので、50代らしい大人な雰囲気を感じさせることができます。

着用アイテム
テーラードジャケット
タートルネックニット
ウールテーパードパンツ
レザーシューズ
アーガイル柄ソックス

清潔感のある大人のスマートコーデ

春は白シャツにデニムジャケットを合わせて、爽やかにキメるのがオススメ!

キレイめなスラックスと合わせれば、カジュアルなアウターも年相応に着こなすことができます。

着用アイテム
デニムジャケット
オックスフォードシャツ
国産スラックス
ポストマンシューズ
ショール

夏にオススメな50代のメンズコーデ

ベージュ×カーキでナチュラルな装いに

アイボリーの半袖サマーニットとカーキのテーパードパンツのコーデ

ベージュのニットに、カーキのパンツを合わせたコーディネート。

ナチュラルな色味をコーディネートに使うことで、自然体で優し気な雰囲気を表現することができます。

着用アイテム
サマーニット
テーパードパンツ
ローファー
トートバッグ

適度な肌見せで作る夏の爽やかコーデ

アラフィフコーデ3

ボーダーTシャツにチノパンを合わせた着こなしは、カジュアル感が強めな印象に。

シャツやレザーシューズとキレイめな要素をプラスし、大人っぽさを取り入れるのがオススメです。

着用アイテム
リネンシャツ
ボーダーTシャツ
スリムフィットパンツ
ローファー
腕時計

秋にオススメな50代のメンズコーデ

深みのある色で季節感漂う大人の着こなし

秋らしい深みのあるカラーのニットを合わせることで、簡単に季節感を演出。

ニットをアクセントとして取り入れるなら、アウターやボトムは主張のない落ち着いた色味にするのがポイントです。

着用アイテム
テーラードジャケット
ケーブル編みタートルネックニット
デニムスキニーパンツ
レザーシューズ
無地ソックス

シンプルな装いにアクセントをつける

カーディガンにスラックスを合わせた大人の着こなし。

コーディネートのアクセントになるマフラーやボーダーソックスを取り入れることで、シンプル過ぎない遊び心のある印象に仕上がります。

着用アイテム
ニットカーディガン
裏起毛スウェット
テーパードパンツ
ローファー
ボーダーソックス
マフラー

冬にオススメな50代のメンズコーデ

ボリューム感のあるアウターもスッキリと

ダウンジャケットにデニムパンツを合わせたカジュアルな着こなし。

野暮ったさや子供っぽさを感じさせないように、スッキリとスマートな印象を与えるIラインシルエットを意識しましょう。

着用アイテム
ダウンジャケット
ネルシャツ
ロング丈Tシャツ
テーパードデニムパンツ
チロリアンシューズ
無地ソックス

同系色でまとめる冬のYラインコーデ

ニットとボトムを同系色で統一することで、一気にまとまりのある着こなしに。

ロングコートやシャツを合わせて、品の良さと大人な雰囲気を演出することで、50代らしさを出すことができますよ。

着用アイテム
チェスターコート
ウールニットセーター
ネルシャツ
デニムスキニーパンツ
ローファー
ボーダーソックス
エディターズバッグ

50代メンズファッションの疑問

50代男性がファストファッションでもアリ?

心配御無用、大丈夫です!下記の例を見てみましょう!

「①アイテム」「②シルエット」「③色使い」の3つのポイントを意識して、ユニクロのドライカノコポロシャツとスラックスでコーディネートしてみました。

モノトーンのシンプルな着こなしが上品な印象です。

オシャレの法則を使えば、お金をかけなくても大人っぽい着こなしができます。

カジュアルな服装が好きだからキレイめって言われても困る!

必ずしもキレイめの服で全身を固める必要はありません。休日スタイルなど、TPOによってはTシャツにデニムでもOKです!

ですが、カジュアルな服装で大人っぽく見えるファッション作りには少しコツがあります。

デニムは濃い色を選び大人らしく

デニムは薄くて軽い印象のサックスブルーよりも、デニム本来の色である濃く重い印象のワンウォッシュのダークブルーを選ぶのがベター。

ネイビーに近い色を選ぶと間違いないですね!

どっしり・しっかりしたイメージがあるので、50代男性にピッタリです。

スニーカーやリュックは無地やレザーにする

キャンパス地にカラフルな色のスニーカーや柄を多用したリュックは、子供っぽい印象が強くなってしまいます…。

50代男性は無地やレザー調の物を選んでコーディネートにこなれ感を出した方が、大人っぽさの中に若々しさが光ります。

レザースニーカー レザーリュック

50代メンズファッション まとめ

オシャレにセンスは必要ありません。

このブログに書かれているポイントを押さえることで、オシャレなスタイルを作ることができるようになります。

もし自分の服装に自信がない50代の方は、今回おすすめしたファッションアイテムから始めてみてください。

このブログを参考に、大人の貫禄や頼もしさを感じさせるような50代のオシャレを、ぜひ楽しんでみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

▼40代メンズファッションについて、下記のブログでご紹介しています。

【40代メンズファッション】おすすめの春服とコーディネート|2020年最新版

2020.02.18

▼30代メンズファッションについて、下記のブログでご紹介しています。

30代からのメンズファッション|おすすめな冬服と大人の冬コーデとは

2019.10.18