【CEOコラム】捨てるからこそ得るものがある。ネクタイを捨てたシャツが得たもの

何かを得るためには、何かを捨てなければならない。これを「トレードオフ」と言う。

さて今日は経済学的に始まりましたが、僕がお気に入りのシャツが「トレードオフ」の良い事例なのでお話ししたいと思います。

これはネクタイを捨てたシャツ

このボタンダウンシャツのエリは指1本がやっと通るくらいの大きさしかありません。

デザインするうえで「ネクタイを着用する」シーンを捨てました。

しかしネクタイを捨てたからこそ「コンパクトでミニマルな雰囲気」を手に入れることが出来たのです。

 

変にエリの大きなシャツだとカジュアルシーンにそぐわなかったりなんだか違和感があります。

だけどこのシャツは何も考えずにデニムにラフに合わせればいい。暑い時期は腕まくりすればOKで1年中使ってます。

僕はマニアといってもいいくらい経営戦略を学ぶのが好きなんですが、トレードオフという考え方は非常に重要。そんなこともあって、このトレードオフしたシャツはお気に入りなんです。

ミニマルなエリを活かしてニットと重ね着した時に出る具合が好き。

カジュアルなアウターに合わせても上品な感じになるのが好き。

お手入れもかんたん、かんたん!

生地はオックスフォードなので洗いざらしでそのままガシガシ着れるのもお気に入りなポイント。

ちょっと細いコダワリを言わせてもらうと、普通のオックスフォードよりも細い糸を使って編み上げてるので上品な光沢もある。

実はこのシャツもう何年も売り続けていてバージョンアップを繰り返す度に生地が良くなっていってます。お値段は据え置きでね!

ビジカジ、テレワーク時代が到来して、ますます活躍の機会が増えるのではないかと思っています。

ネクタイをトレードオフしたオックスフォードシャツ

ちょっと雑学

「ボタンダウンシャツにネクタイはアリなの?ナシなの?」

マナーに詳しい方ほど気になる話題だと思いますが、ボタンダウンシャツの起源を知ると分かります。

ポロ競技で使われていたユニフォームのエリが風でパタパタしないようにボタンでとめられていた。それをブルックスブラザーズの創業者が見て考案したと言われています。

なのでボタンダウンシャツはスポーツ的な要素が強く、ビジネスシーンでネクタイをするのはマナー違反だという風潮がありました。

しかし昨今はビジカジ化が進み、「ボタンダウンシャツにネクタイもありだよね」という雰囲気になってきています。(実際に僕もビジネスシーンでみたことある)

だからよっぽどフォーマルなシーンじゃない限りボタンダウンシャツにネクタイはアリだと思っています。

どっちにしろこのシャツはネクタイ出来ないけどね!

最後に

今日のコーデではいてるクラークスのワラビーブーツ。部屋を掃除した時に出てきたんですよ。

「どこいったんかな〜?」とずっと探してて、存在を忘れた頃にひょっこり出てきた。

部屋の掃除のことはコチラに書いてます。

【CEOコラム】初公開します!これがDコレ創業の地だ!

2020.10.12

当時となんか色が変わってる気がするけど・・・まあいいか!また愛用してやるからな!

イトゥ
CEO兼スタイリスト イトゥ
39歳/176cm/65kg
機能性を取り入れたアーバンアウトドア、アーバンスポーツスタイルが得意なDコレのCEO。自分自身もアウトドア好き。最近体型を気にして筋トレを始めた。

みなさまのご意見お待ちしています

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK

ご感想やリクエストを頂ければ、ブログや動画のコンテンツにしてお答えいたします!

0