【CEOコラム】スティーブ・ジョブズのミニマリズムに憧れる男が選んだボトム

前回スティーブ・ジョブズのコーデを紹介した時に「全身のうち、トップスが決まってるだけでも、朝コーディネートを考えるのがずいぶん楽になる」とお話ししました。

【CEOコラム】スティーブ・ジョブズのコーデに憧れる男

2020.10.06

そして今日はボトムの話し。これでトップスとボトムが固定されるのでスティーブ・ジョブズが近づいてきました。(コーデがね)

どんなボトムを選んだのかをお話しします。

シルエットよし、はきごこち最高、いろんなシーンに対応可能なボトム

名前を「ウールライクアクティブパンツ」といいます。

Tシャツにスニーカーのカジュアルコーデ。そこにこのボトムを合わせると、あら不思議。なんだかいい感じのコーデになります。

理由は3つあります。

 ①キレイなテーパードシルエット シュッとして見えます。

②センタープレス スラックスとかに入ってるあれ。これがあるだけで大人っぽく見える。

③ウールライク ウールはスーツとかにも使われるんですがカッチリとして見える。

ウールだとチクチクするのが苦手って方もご安心下さい。このパンツは”ウールライク”とある通りウールではなくポリエステル100%で出来ています。

なのでさわり心地はマイクロフリースのよう。フワフワで寒い時期も大丈夫。

そして素材をポリエステルにすることでアクティブパンツの名に恥じぬストレッチ性も手に入れました。

例えばこんなポーズも余裕です。

激しく動いてもノーストレス。

スニーカーと合わせれば子供と公園に遊びに行っても一緒に遊べます。

「そんなに動いたらセンタープレス取れちゃうよ」って心配したあなた。ご安心下さい。

絶対に取れないセンタープレスになっております。(詳しくは商品ページをご覧ください)

セットアップにもなるんです

ボトムだけでも満足してたんですが、同素材のジャケットがあるんですって!

「あら、今日はおめかししてどうしたの?」とは言われない、リラックス感のあるセットアップになります。

もちろんシャツを合わせてもOK。

エリを立てて着ればブルゾンのように着こなせます。

モコモコしてないけど暖かいコーデ。

リキッドサーモカーディガンの上からジャケットを羽織るのもいいですね。

イトゥ 176cm 65kg
ウールライクアクティブパンツ Lサイズ
ウールライクアクティブジャケット Lサイズ
リキッドサーモカットソー白&黒 Lサイズ
リキッドサーモカーディガン Lサイズ
コンパクトなエリのオックスフォードシャツ Lサイズ

スティーブ・ジョブズみたいに毎日同じとまではいかないけど、今年の秋冬は上の5つを中心にオシャレを楽しんでいきたいと思います。

最後に

スティーブ・ジョブズのコーディネートと「ミニマリズム」ってよくセットで登場しますよね。

いろんな物を持つのではなく、自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方がミニマリズムであって、無理して減らすことが目的ではないと思います。

毎朝コーデにかける時間を減らすことで、ゆっくりとした朝の時間を過ごす。

2〜3回しか着ない洋服をやめて、その分食費にお金をかけて美味しいものを食べる。

人それぞれのミニマリズムがあっていいと思うんですよ。だから僕も自分らしいミニマリズムを見つけようと思うようになりました。

イトゥ
CEO兼スタイリスト イトゥ
39歳/176cm/65kg
機能性を取り入れたアーバンアウトドア、アーバンスポーツスタイルが得意なDコレのCEO。自分自身もアウトドア好き。最近体型を気にして筋トレを始めた。

みなさまのご意見お待ちしています

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!

関連キーワード