#1 これはオシャレの教科書® 読めば誰でも「オシャレだね」って言われます。

突然ですが、オシャレに必要なモノって何だと思いますか?

”ファッションセンス”と思われる方が多いのではないでしょうか?

「センスがないからオシャレなんて無理」「そもそも何を買えばいいか分からない」なんて諦めていたら、ちょっと待ってください。

このオシャレの教科書®を読むだけで「オシャレだね」って言われます。

Dcollectionの”オシャレの教科書®”は商標登録されています

 

オシャレが苦手な人とオシャレに見える人の違いとは?

オシャレが苦手な人には共通点がある

オシャレが苦手な人の共通点とは、下の2つのコーデのように子供っぽい印象になってしまうこと。

オシャレに見える人って?

今度は「身近にいるオシャレな人」や「ファッション雑誌に載っている人」を思い浮かべてみてください。

このような大人っぽい印象のコーディネートが思い浮かびませんか?

先ほどの子供っぽい印象のコーディネートと一体何が違うのでしょうか?

 

目指すべきは「キレイめカジュアル」

世の中には色んな種類の洋服がありますが、大別すると「キレイめ」と「カジュアル」の2種類しかありません。

キレイめアイテムはどうやって見分ける?

”スーツやフォーマルな場で使われる洋服はキレイめ”と覚えると簡単です。

ざっくりで言うと、

  • キレイめ ⇒ 大人っぽい印象
  • カジュアル ⇒ 子供っぽい印象

となります。

ここで分かりやすい例を挙げてみると、

「ジャケット+シャツ+スラックス+革靴」だと全身キレイめで固められてキメ過ぎになってしまいます。

「パーカー+デニムパンツ+スニーカー」だと全身カジュアルで固められてラフ過ぎになってしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか?

答えは2つの属性をミックスさせた「キレイめカジュアル」です。

 

まずは「キレイめ50%  カジュアル50%」を目指しましょう

皆に「オシャレだね」って言われているコーディネートをよく見てみると、キレイめとカジュアルが上手くミックスされているはずです。

例えば先ほど紹介したこちらの大人っぽいコーディネート。

キレイめ:テーラードジャケット、シャツ、革靴

カジュアル:ニット、デニムパンツ

「キレイめ50% カジュアル50%」でバランスよくミックスされています。

 キレイめ:シャツ、革靴

カジュアル:ブルゾン、デニムパンツ

こちらも「キレイめ50% カジュアル50%」でバランスよくミックスされていますね。

 

まずは自分の普段のコーディネートが「カジュアル過ぎないか?」チェックしてみてください。カジュアル過ぎな人はキレイめの(大人っぽい)アイテムを買いましょう。

最初は不慣れでも継続していくことで無意識のうちに「キレイめ」と「カジュアル」のアイテムを区別することが可能となります。

 

#1 まとめ

「キレイめカジュアル」を意識する

まずは「キレイめ50% カジュアル50%」を目指しましょう

意識することから始めてみてください。「キレイめカジュアル」のコーディネートの印象はかなり変わりますよ。

次回は”今すぐできる色合わせのコツ”について解説します。

#2 オシャレな人はやっている。今すぐできる色合わせのコツ教えます!

2019.04.01
               

お客様アンケートご協力のお願い

アンケートを通して、よりお客様にフィットしたコンテンツを企画していきたいと考えています。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!




私達はオシャレを通して
人生を豊かにするお手伝いをしています。

オシャレをすると、「気分が明るくなる」「人前で話せるようになる」「友人が増える」「普段の生活が楽しくなる」そして何より笑顔になるんです。

笑顔になると幸せが集まり、人生が豊かになる。そんな方たちを少しでも多く増やしたいというのが私たちの想いです。



そんな私達と一緒に働きませんか?事業拡大のため求人しています!Dコレのお仕事に興味がある方はぜひ!