【メンズ】ダサい服装からダサくない服装になるための3つの方法とは?

ダサくない服装をしている20代メンズ

「私服がダサいって言われた」
「男のダサくない服装ってなに?」
「オシャレになれるアイテムは?」

といった悩みを抱えている方がいると思います。オシャレって学校で教えてもらうことがないので、どれがオシャレなのかわからなくても、正直仕方がないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、どうやったらダサくない服装ができるのかを、10年以上メンズファッションバイヤー歴のあるタカシが解説していきます。

タカシ
オシャレは最初はだれでも手こずるものです。今回は難しい理論はせずに、簡単に説明するので気軽に見てくださいね。

 

このブログでわかること

ダサい服装とダサくない服装の違い

服装は、アイテムの組み合わせによって大きく印象が変わります。単体ではオシャレなアイテムでも相性の悪いアイテムと組み合わせると、一気にダサくなることもあります。

注目したいポイントは以下の3つです。

  1. サイズ感やシルエット
  2. 装飾性

ひとつずつ見ていきましょう!

まず「色」です。色の相性が悪かったり、使っている色が多すぎると一気にダサくなります。

ダサいパターン

ダサい服装をしているメンズファッション

どうでしょうか?「茶」「オレンジ」「青」「赤」「黒」と5つも色を使用しています。色がバラつきなんだか目がチカチカしますよね。難しい話はここではしませんが、色の相性もぐちゃぐちゃなのでダサく見えやすいです。

色の相性について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

【色合わせ】ファッション初心者にオススメな色ってどんな色?

2019.08.01

【パーソナルカラー診断】自分に似合う色の見つけ方~男性編~

2020.05.18

ダサくないパターン

ダサくない服装をしているメンズファッション

どうでしょうか?「白」「ネイビー」「黒」の3色でまとまって見えませんか?少なくともダサいパターンよりかはオシャレに見えると思います。

着用アイテム
オックスフォードシャツ  
デニムスキニーパンツ  
ローファー(代替品)  
腕時計(代替品)  

ダサくない色の組み合わせをする方法

グレーホワイトブラックの3色

ファッションにおける色の話をすると、すこし難しくなってしまいます。なのでまずは

  • 色を3色までに抑える
  • そのうちの2色を白と黒にする

この2つを意識してみてください。そうすることで、色のバラつきを防ぎオシャレな服装に近づけることができます。

白×黒+1色の3色に抑えたコーディネート例

白と黒を使ったダサくない服装をしている3人の男性

このように3色までなら、まとまったコーディネートに仕上げることができます。

タカシ
繰り返しますが、ダサくない服装になるためには「白×黒+1色」これを覚えておきましょう!

ダサくならない!白・黒のおすすめアイテム

サイズ感やシルエット

色を3色に抑えても、サイズ感があっていなかったり、なんだか不格好なシルエットだとダサい服装に見えやすいです。

サイズ感

サイズごとに服を比較している

まずはサイズ感としてトップスです。小さすぎるとピチピチしていてなんかダサくなり、大きすぎると着せられた感やだらしなく見えてしまい、ダサい服装になりがちです。

タカシ
あえて大きいサイズで着こなす方法もありますが、まずは自分のジャストサイズを見つけましょう!

方法としては、実際に店舗で試着をするか、通販で購入する時はサイズチェックや自分の体型に近い人のモデルから選びましょう。

ズボンの裾が余っている

ボトムスも同様にサイズ感が合わずにダボついて、下に生地がたまったりするとだらしない印象になり、ダサい服装に近づきます。ボトムスもトップスと同じようにチェックしましょう。

もしサイズ間違いが起きても、メンズファッション通販サイト「Dcollection」なら返品交換無料で安心して購入できます。サイズの着こなしが分からなくてもLINE相談でスタッフがコーディネートのお手伝いをしてくれますよ。

シルエット

オシャレに見えるためには「シルエット」も影響してきます。「Aライン」「Iライン」「Yライン」といったシルエットがありますが、まずは「Iライン」でコーディネートを組むことをおすすめします。

 Iラインシルエットで作ったダサくない服装をしているメンズ

IラインはアルファベットのI(アイ)のように、まっすぐとしたシルエットのことを言います。比較的簡単に作れて、シンプルでスタイリッシュに仕上がるのが魅力です。

タカシ
ダサくない服装をするためにはまずはこの「Iライン」をマスターしましょう!
着用アイテム
開襟シャツ  
ロング丈Tシャツ  
黒スキニーパンツ  
キャンバスシューズ  
本革ベルト腕時計  

Iラインシルエットを作りやすいアイテム

装飾性

最後に装飾性です。派手なチェーンや服についた模様、アクセサリーなどが無造作についていると、ダサい服装につながりやすいです。下の画像見てみてください。

装飾性がありダサい服装をしている男性

色は靴を除けば「白・黒・赤(ネックレス)」の3色、シルエットもIラインでキレイです。しかしTシャツは星マークにボーダーライン、袖部分に文字が入っており、さらにネックレスにブレスレッドと主張するポイントが多くまとまりがありません。

無地Tシャツでシンプルに作ったダサくない服装をしている20代男性

同じTシャツコーデでも、とりあえずは変に装飾性のない「無地Tシャツ」を使うことで、ダサくない服装に近づけることができます。アクセサリーはシンプルな腕時計にすれば、変にキザな印象にならないのでおすすめです。

タカシ
はじめは、全アイテム「無地」からでもOKですよ!
着用アイテム
ヘビーウェイトTシャツ  
スラックス  
PUレザースニーカー  
本革ベルト腕時計  

【まとめ】ダサくない服装をするためには

ここで一旦おさらいをしましょう!ダサくない服装をするためには

  1. 色の数を3色までに抑える。そのうち2つを黒と白にする。
  2. ジャストサイズで着こなし、Iラインシルエットを作る。
  3. とりあえず無地のアイテムにする。

この3つを意識してコーディネートを組みましょう!そうすることできっとオシャレに近づけることが出来ますよ!

もっと理論などをしっかりと理解したい方は、オシャレの教科書を読んでみてくださいね。

オシャレの教科書®

2020.04.03

ダサくない服装にできるアイテム

ダサくない服装にする方法がわかったところで、それを実現するためのおすすめアイテムをご紹介します。

上の3つを別々で紹介しますので、持っていないものがあればぜひこの機会に手に入れてみてくださいね。

ダサくならないトップス

シンプルで合わせやすい。だけど1枚でも様になるトップスを厳選しました。

ヘビーウェイトTシャツ

ナノテックヘビーウェイト無地Tシャツ

こちらは無地でシンプルだからコーディネートに取り入れやすいTシャツです。チャコールやワインなど、大人っぽいカラーを含めた4色から選べますよ。

タカシ
ややゆったりめのシルエットが1枚でも様になる着こなしにしてくれますよ!

サマーニット

ダサくない服であるサマーニット

編み目や、サラッとした生地感がTシャツとは一味違うサマーニット。落ち着いた色味なので、夏だけでなく春や秋にはインナーとして使うことができ、ロングシーズン活躍します。

タカシ
ブルーグリーンはトレンド感もあって、爽やかな印象をGETできますよ。

オックスフォードシャツ

オシャレな服装をできるオックスフォードシャツの商品リンク

ちょっとカッコよくキメたい。という方は、ラフなTシャツなどではなく、「オックスフォードシャツ」がおすすめです。襟付きでキレイなシルエットが「デキる男」に仕上げてくれますよ。

タカシ
スーツシャツとは違って、ちょっとゴツゴツした生地感のおかげで「キメ過ぎ感」が出ないので、絶妙なアイテムなんですよね。

ダサくならないボトムス(ズボン)

続いてキレイなシルエットを作るには必要不可欠な「ボトムス」です。

タカシ
1つあれば着回しができて便利なものに厳選しました!

黒スキニーパンツ

黒スキニーパンツ

ダサくない服装をしたいと思っているけど持っていないなら、ぜひ手に入れてほしいのが「黒スキニーパンツ」です。

 黒スキニーパンツを使ったダサくない服装をしている3人のメンズ

細身のシルエットがスタイリッシュに仕上げてくれ、なにより様々なアイテムとマッチする着回し力の高さが魅力です。

タカシ
ストレッチ性もあり窮屈さを感じさせません。とことんこだわった黒スキニーぜひ試していただきたいです!

デニムスキニーパンツ

デニムスキニーの商品リンク

ちょっとカジュアルに着こなしたいのであれば、デニムスキニーがおすすめです。黒スキニーと似たシルエットですが、デニムの生地感がカジュアルさを演出してくれます。

タカシ
黒スキニーとデニムスキニーがあればコーデの幅はグンっと広がりますよ!

テーパードスラックス

ダサくないボトムスのテーパードスラックス

大人っぽさを出したいなら「テーパードスラックス」がおすすめです。センタープレス(パンツの中央に入ったライン)がフォーマル感を出し、大人っぽく仕上げることができます。

タカシ
ちょっとお高めのレストランやオフィススタイルにもおすすめですね!

ダサくならないアウター

最後にアウターです。アイテムが増える分着こなしは少し難しくなりますが、オシャレ度を上げることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

シャツチェスターコート

ダサくないアウターのシャツチェスターコート

ゆったりとしたデザインのチェスターコート。柔らかな生地感で羽織れば親しみやすい印象に仕上がります。ややゆるめのシルエットがトレンド感もでておすすめですよ。

タカシ
7分袖でちょっと肌寒さのある、春や秋にあると便利ですよ。

テーラードジャケット

ダサくない服のテーラードジャケット

フォーマル感がでて大人っぽく仕上げることのできる「テーラードジャケット」。セットアップ(上下同じデザインのアイテム)にすれば統一感のある着こなしができますよ。

タカシ
インナーは、Tシャツやパーカーなどカジュアルアイテムを合わせて、キメ過ぎないようにすることがポイントです!

自分の服装がどうか見てほしいならLINE相談!

もしこのブログを読んでも悩みが解決しなかった場合は、LINEを使って相談をすることができます。

ラインで相談できる

自分の服装を写真に撮って送れば、おすすめの合わせるアイテムや、どのようにすればオシャレになるかを答えさせていただきます。友人や家族などにもなかなか聞きづらいファッションの悩みを気軽にご相談ください!

LINE登録ができるボタン

※詳しくはコチラの記事をご覧ください

LINEで相談できる!

2019.03.20

服選びが苦手なら定期便を利用する

定期便の説明

「服を選ぶのが面倒だ。」
「買いに行くのが面倒くさい。」
「服選びで失敗したくない。」

そんな悩みを解決してくれるのが、「オシャレ定期便」です。バイヤーがセレクトしたアイテムを毎月ご自宅に配送します。

服を選んでいる女性

定期便のアイテムを使ったコーディネートをスタイリストがブログにてサポートします!定期便を使えば、自然とオシャレに近づいていきますよ!

 

※ ※ ※

「ダサい服装」と言われたとしても、ちょっとだけ努力すれば、ダサくない服装をすることができます。

このブログがオシャレになる手助けとなれば嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タカシのプロフィール

メンズファッションバイヤー歴10年のタカシシンプルでコーディネートに取り入れやすいものを中心に、10年以上洋服を仕入れ続けているメンズファッション(Dcollection)バイヤーのタカシ。
2019年には「正解の服、教えてもらいました。」を監修するなど、活躍の幅を広げている。