社会人にオススメ!ビジネスカジュアルの基本と選び方のコツ

ビジネスカジュアルについて調べているみなさん、こんにちは!

タカシ
メンズ服の通販・情報サイト「Dコレクション」でバイヤーをしているタカシです。

社会人ともなれば、社内やお客様、営業先に信頼されるような服装が求められるようになりますよね。

これまではスーツが一般的でしたが、近年ではビジネスカジュアルという「ある程度自由度が高い服装」を許可する企業も多くなってきました。

そんな中で、

「そもそもビジネスカジュアルってなに?」

「適切なビジネスカジュアルが分からない。」

と思っている人も多いのではないでしょうか?

この記事を見れば、ビジネスカジュアルの知識が身に付き、就活中の人や転職で初めて挑戦する人でも社風に合った好印象な着こなしが出来るようになります。

ビジネスカジュアルを理解して、まわりから信頼されるようなカッコいい社会人を目指してみませんか?

 

ビジネスにおける3つの装い

ビジネスと言えば「スーツスタイル」、そして近年人気の「ビジネスカジュアル」、さらに自由度の高いものに「オフィスカジュアル」があります。

しかし一般的なスーツとビジネスカジュアル、オフィスカジュアルそれぞれの違いを知らない人は意外と多いんです。

まずはこれら3つの違いを把握し、オフィスカジュアルに必要なものが何かを理解していきましょう。

スーツスタイルとは

ビジネスカジュアル

ビジネススーツを着用するスタイル。このビジネススーツは上下揃いで着用した際に最も美しいスタイルになるように作られています。

光沢・ツヤ感のある生地、肩パッドから感じられるカッチリとした雰囲気は、ビジネスの場に適した上品な見た目にしてくれます。

品よく見える点やファッションとしての自由度の低さは、学生さんの「制服」と同じような位置づけですね。

ビジネスカジュアルとは

ビジネスカジュアル

ビジネスカジュアルとは「企業の訪問や来客、会議にも適したカジュアルな服装」のことを言います。

簡潔に言うと、ジャケパンスタイルのことです。襟付きシャツにネクタイとジャケット、パンツはスラックスやチノパンに足元は革靴といったスタイルが一般的です。

スーツのような品の良さはそのままに、少しだけファッションとして楽しめる要素が含まれます。

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアル

オフィスカジュアルとは「私服通勤やデスクワーク時に適したカジュアルな服装」です。

オフィスカジュアルはビジネスカジュアルよりもカジュアル感が強くなるため、ポロシャツやスニーカー、リュックといったビジネスカジュアルよりもラフなアイテムが使用可能です。

私服通勤の会社やIT系のような服装規定がない会社に多く見られますが、最低限の清潔感は意識したほうが社会人としての信頼が損なわれないのでおすすめです。

 

オフィスカジュアルについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【デキる・モテる】オフィスカジュアルのコツと厳選コーディネート

2019.06.19

その他:私服通勤

上記3つが基本的なビジネスシーンでの服装ですが、私服通勤で服装に特に規定がない企業もあります。

しかし私服にあまり自信がない場合、会社に着ていく服となるとさらにどうしていいのかわからなくて悩むケースも多いです。

そのような場合は「スラックス」を軸に服装を考えると、好印象な社会人の雰囲気を作りやすいですよ!

ビジネスカジュアル私服

このようなシンプルなスラックスが1本あることで多くのメリットがあるんです。

  • 私服の自由な雰囲気にも馴染む
  • 上品さがあるので無難かつ好印象
  • 急な来客や出張でもジャケットを合わせるだけで対応できる

清潔感、上品さに長けたパンツなので「オシャレとかはよくわからないけれど、無難に印象良くしたい」という人に特にオススメ!

無地のTシャツやシャツ、ニットなど比較的何とでも合わせられるので通年使えるのも助かります。

▼写真のスラックスは、私服通勤や休日にも使えるスラックスです。

ビジネスカジュアルの季節ごとの定番スタイル

就職活動中の学生や転職活動中の社会人の中には、企業セミナーや面接時に「ビジネスカジュアルで」と服装に指定があることもありますよね。

「どんな服装をしたら良いか分からない」

「季節ごとにどうコーディネートしたら良いか分からない」

仕事における悩みや不安が多いのにも関わらず、服装にまで悩まされるのはなかなかしんどいものです。

そのような時に困らないよう、季節ごとのビジネスカジュアル定番スタイルをご紹介していきます!

春のビジネスカジュアル

ビジネスカジュアル

春はまだ、肌寒く感じる日も多いですよね。

特に3月~4月中旬までは朝晩冷えるのでジャケットを羽織り、寒さ対策をしましょう。

5月に入ると気温も高くなり、ジャケットが暑く感じることもあるかもしれません。そういう場合には、吸水性や清涼感に優れている麻やリネン素材のジャケットを着用すると、春のジャケパンスタイルを楽しむことができます!

また春はシャツやネクタイに水色やピンク、イエローなどの明るい色を合わせると季節感が出るのでオススメですよ。

夏のビジネスカジュアル

ビジネスカジュアル

夏は「クールビズ」を取り入れる企業が多く見られます。

基本的に、ジャケットやネクタイを着用しないのでカジュアル感が増しがちですが、ビジネスカジュアルはビジネスシーンに適した服装でなければいけないので、カジュアル感が強すぎてはいけません。

カジュアル感を抑えるためにも、襟付きシャツスラックス革靴の3つをコーディネートの際には取り入れるように心がけましょう。

なぜなら襟付きのシャツはキチンとした雰囲気を出し、スラックスは上品さを演出し、革靴はキレイめ感を出すことができるからです。

 

また6月1日から9月30日は「スーパークールビズ期間」とされ、職場によってはポロシャツでもOKとなります。

襟付きのシャツなので、同じくスラックスや革靴との組み合わせによって、品良くまとめることができます。

40代メンズファッションビジネスカジュアル

以上3つのポイントを押さえて、夏でも上品な大人の印象をつくりましょう。

 

クールビズ期間のビジネスカジュアルについて、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

【40代メンズ】2019年夏のスーツ着こなしはどうする?

2019.06.11

秋のビジネスカジュアル

ビジネスカジュアル

9月~10月になると、朝晩だけでなく日中も寒く感じる日が多くなりますよね。

ジャケットはウールやツイード生地のものを選ぶと、暖かさはもちろん重厚感や上品さが演出されるので落ち着いた男性の印象になります。

ネクタイやセーター等の色は黒やネイビー、ボルドーなどの濃い色を取り入れると全体のバランスが引き締まり、また季節感も出てGOOD。

11月にもなると寒さが増してくるので、気温の変化にも対応出来るようカーディガンやセーターの着用をオススメします!(次項参照)

冬のビジネスカジュアル

防寒:ニット

ビジネスカジュアル冬

スーツスタイルでは推奨されないニットでの防寒は、ビジネスカジュアルでならOK!

シンプルで清潔感のある印象にできる点、ネクタイが映える点から無地のニットが良いですね。

防寒:コート

ビジネスカジュアル

12~2月になると、最低気温がマイナスを計測するくらい寒い日が続きます。

秋同様、寒さ対策としてカーディガンやセーターを合わせる着こなしは必須です。加えて、ジャケットの上からさらにコートが必要になってきます。

コートの着丈はお尻が隠れる程度に長いとキレイなシルエットがつくられ、大人の色気が醸し出されるのでオススメです!

色は秋同様、黒やネイビー、グレーといった落ち着いた色が良いです。

通年使える便利なスラックス

春~冬のビジカジコーデで着用していたのがこのスラックス。

グレーの色味が柔らかな印象にしてくれるので、第一印象が重要なビジネスにおいて重宝するカラー。

濃色のジャケット、白いシャツなど合わせるアイテムを選ばない汎用性の高さから、毎日使いにも向いていますね。

良いものを身に着けたいという方には、国産という高品質さも体感していただきたいです。

ビジカジはどんな服ならセーフなのか?

近年ではIT系やエンジニアだけでなく、市役所など幅広い職場においてポロシャツやTシャツ、デニムパンツに至るまでカジュアルアイテムの着用が認められている場合があります。

このようにビジネスカジュアルの定義は曖昧であること、会社の社風によってルールが違うこともふまえて、セーフな服は職場の雰囲気や先輩の服装を参考にするのが一番です。

しかし共通して大事なことは、様々なビジネスシーンに適した服かどうかです。

 基本姿勢:相手に不快感を与えず、信頼してもらえる身なりを心がける

判断基準:来客対応にふさわしい身なりにできるかどうか

「取引先への挨拶、この服装でもいいだろうか」

「大事なお客様との打ち合わせ、この服装で失礼ではないか」

朝、会社に着て行く服を選ぶ時、その日会う人達に自分はどんな印象を持たれたいのかを忘れないようにしましょう。

アイテムごとの一般的な基準について説明しますので、会社の規定と合わせて判断してみてくださいね。

トップス

トップスの基準を表を使って表したものが下図になります。

  スーツ ビジカジ オフィカジ
シャツ
ポロシャツ
Tシャツ

シャツ

ビジネスカジュアル

ビジネス向けと言えば、やはり襟付きシャツ!

一般的に綿・ポリエステル・麻のものを着用しますが、写真のように柔らかい素材感であっても襟付きなら清潔感があるのでビジネスの場にも適しています。

ポロシャツ

ビジネスカジュアル

ポロシャツは一般的に「ビジネスカジュアルに含まれる」とされていますが、主に先述のスーパークールビズ期間中に着用するのが好ましいです。

企業訪問やセミナー、会議等に着用する際は先方や同行者に確認するのがベター。

Tシャツ

ビジネスカジュアル

Tシャツは綿素材のものが多く、襟も付いていないのでカジュアル感、普段着感が強いです。

そのためビジネスカジュアルとしても、オフィスカジュアルとしても着用することはオススメしません。

パンツ

パンツの基準を表を使って表したものが下図になります。

  スーツ ビジカジ オフィカジ
スラックス
チノパン
デニム

スラックス

ビジネスカジュアル

スラックスの語源は「slack(スラック)」から来ており、「ゆるい」という意味です。

スラックスはスーツと比べ生地が柔らかく伸縮性もあり、ゆったりしたパンツなのでスーツよりもカジュアルに着用することができます。

スーツスタイルほど堅い印象にならず、ゆるさが合わさることで程よい親近感も生まれるのでビジネスカジュアルに最適なパンツ。

企業訪問や来客、会議や研修など様々なビジネスシーンで使えるのは嬉しいですよね。新社会人の人や、ビジカジが初めての人は持っていると便利!

\ 理想的なスラックスがこちら /

チノパン

40代メンズファッション

※着用のパンツはチノパンの類似品です

普段着でも馴染みのあるチノパンですが、ビジネスシーンでの着用ということを念頭に置いて、ベージュかブラックを選ぶのが良いです。

スラックスなどに比べてカジュアル感があるので、親近感を持ちやすいですね。

取り入れる際はだらしなくないように着用し、周囲にも着用しても問題ないか確認するのが無難です。

ビジネスカジュアル

ビジネスシーンでは、革靴が最適です!革靴なら間違いなく好印象を与えられます。

むしろビジネスカジュアルはスーツスタイルよりカジュアルめなこともあり、足元に革靴を合わせることでしっかりと引き締まった印象にできます。

スーツスタイルで着用している革靴との兼用はOKですが、ビジネスで使う革靴はフォーマルなシーンに適したデザインになっており、プライベートでの着用はNGなので気を付けましょう。

ベルト

ビジネスカジュアル

スーツスタイル時に使用しているベルトをビジネスカジュアルに応用するのはOK!もし別途用意するのであれば写真のようなベルトがオススメ。

左のレザーベルトは、ビジネススタイルでは定番のベルトです。シンプルで癖がなく、ツヤっとした革素材が清潔感と上品な雰囲気を演出します。

右のレザーメッシュベルトは、レザーの上品さとメッシュのラフで涼し気な印象が合わさり、程よいカジュアル感が出るのでビジカジにも適しています。

ベルトと靴は、色や素材を統一させるのがまとまりのある見た目にするコツ!

ちなみに・・・

  • ブランドロゴや柄が入っているもの
  • 素材が布やナイロンのもの

こちらはビジネスには適さないので避けましょう。

ネクタイ

ビジネスカジュアル

ネクタイは一般的に、シルクやウール素材のものが多く見られます。スーツスタイルで着用しているネクタイがあれば、ビジネスカジュアルに使うのも良いでしょう。

ニット素材のネクタイもありますが、ビジネスカジュアルでは着用してもOKですよ!

ちなみに・・・

  • ブランドロゴや柄が大きく派手なもの
  • ボウタイ(蝶ネクタイ)

こちらはビジネスには適さないので気を付けましょう。

カバン

ビジネスカジュアル

ビジネス用のカバンは機能性と品の良さを重視するのが良いです。

  • 書類やPCが入るようなサイズ
  • 丈夫で使いやすいナイロン製のカバン
  • 高級感がありデキる人の印象を醸し出すレザー製のカバン

企業への訪問や、出張など外に出る際にも適したキレイめなカバンを選ぶようにしましょう。

ちなみに・・・

リュックや綿生地のトートバッグは、カジュアル感が強すぎるのでビジネスには適しません。通勤スタイルとして楽しむのであればOKです。

ビジネスカジュアル向けなアイテムの選び方

ビジネスカジュアルの基本が分かったところで、実践のために必要なアイテムの選び方のポイントを紹介します。

ポイントは「サイズ感」「デザイン」「素材」の3つをおさえること。それぞれのポイントについて細かく見ていきましょう!

ジャケット

ビジネスカジュアル

サイズ感

  • 肩幅が大きくないか
  • 着丈はお尻が隠れていないか
  • 袖丈は長すぎないか

ジャケット選びにおいて最も重要と言えるのが、サイズ感です。

細身に見えるシルエットで、身体にフィットしたジャストサイズのものを選ぶよう心がけましょう。

着丈はお尻が半分より少し隠れるくらいの長さ、袖丈は手首の骨がちょうど隠れるくらいの長さがベストです。

サイズが大きいと、だらしない印象になるのでカッコ悪く見えます。

逆に小さすぎると、背中やお腹周りが張ってしまい窮屈に見えるので気を付けましょう。

デザイン

ビジネスカジュアル
  • 失敗しない色・柄
  • 好印象な色・柄

絶対に失敗しない色・柄は「ネイビー×無地」です!

どんなアイテムとも相性が良く、季節問わず着用することができるので、新入社員の人やビジカジが初めての人は最初の1着は「ネイビー×無地」を持つことをオススメします。

またネイビーやグレー、無地といったベーシックな色・柄のジャケットは、落ち着いた上品な男性の印象を与えるので、上司や同僚から信頼されるだけでなく女性からも好印象を持たれます。

素材

ビジネスカジュアル
  • 春夏には綿、麻
  • 秋冬にはウール、ツイード

春夏の暖かい時期は、着心地の良さと吸水性に優れている綿・麻素材のジャケットが暑い日もストレスなく着用できるのでオススメ。

秋冬の寒い時期は、型崩れやシワ、汚れにも強く優れた保温性と伸縮性のあるウール・ツイード素材のジャケットがオススメです。

またウールやツイードのジャケットはカッチリしたシルエットと、光沢感が上品な大人な印象を演出するので、女性からは頼れる色気のある男性と感じてもらえるでしょう。

注意:スーツのジャケットはビジネスカジュアルには使えない!

スーツのジャケットをそのままビジネスカジュアルに使えたりしないのか?と思うかもしれませんが・・・

それはNGです!

①スーツは上下揃いが基本
ビジネスカジュアル

理由は、ビジネススーツとは上下揃いで着用した際に最も美しいスタイルになるように作られており、基本的に上下違いで着用するカジュアルスタイルのパンツには合わないからです。

②生地の違い

ビジネスカジュアル

画像のように光沢やツヤ感があり、伸縮性のない生地がビジネススーツの特徴。

ビジネスカジュアル時のスラックスやチノパンといったカジュアルなパンツにはスーツのツヤツヤした上着はアンバランスで、印象にもバラつきが生じてしまいます。

③シルエットの違い
ビジネスカジュアル

ジャケットのシルエットを比較した際、大きく違うのはです。

左はビジネススーツ、右はカジュアルスタイルのジャケットです。

一般的なスーツの上着には「肩パッド」が入っており、肩の形がしっかり出るのでカッチリとした印象になります。

またスーツの上着は前ボタンは閉めることを前提に作られているので、前ボタンを開けて着用する着方もあるカジュアルスタイルには合いません。

ビジネスシーンのジャケットにも違いがあることを覚えておきましょう。

シャツ

コットンシャツ

サイズ感

  • 肩幅が大きくないか
  • ボディサイズに合っているか
  • 袖丈が長すぎていないか

ビジネスカジュアルに使うシャツは、ワイシャツと違い少しゆとりのある作りになっており、サイズが合っていないとだらしない印象を持たれるので、選ぶ際はジャケットと同様にジャストサイズのものを選びましょう。

肩幅・袖丈のサイズが大きく、ボディサイズもゆったりしてしまうと、だらしなさのあるマイナスな印象になるので注意!

ボディサイズとは?

胸回り、腰回りの2か所のことを言います。

デザイン

ビジネスカジュアル
  • 白、ブルー、無地
  • ボタンダウン

失敗しない定番の色・柄と言えば白、ブルー、無地です!

季節問わず着ることができ、どんな色や柄のアイテムにも合わせやすいので着こなしに悩みません。また白やブルーは清潔感のある色なので、女性が好む爽やかな印象になります。

もし柄のシャツでアクセントをつけたいならストライプ柄がオススメ。定番の柄なので、柄のシャツを初めて購入しようと思っている人にも挑戦しやすいですよ!

またカジュアルシャツといえばボタンダウンです。ボタンダウンとは、左の画像のように襟先がボタンで固定されたシャツのことを言います。

襟先が固定されることで襟がキレイな状態に保たれ、ノーネクタイのクールビズ時にはぴったりなシャツです!

ちなみに・・・

ボタンダウンシャツをビジネススーツ着用時や冠婚葬祭などに着用することはできませんが、ワイシャツをビジネスカジュアルで着用することは問題ありません。

素材

ビジネスカジュアルシャツ

カジュアルシャツは綿(コットン)素材のものが多く、ワイシャツに比べカジュアル感が強いことからビジネスカジュアル向けのシャツです。

また生地の繊維がとても細かいために、肌への引っかかりが少なく肌触りが良いのです。日中ずっと着ている服なので着心地の良さも外せないですね。

パンツ

ビジネスカジュアルスラックス

サイズ感

まずパンツを選ぶ際のポイントはもも幅、丈の長さです!

ビジネスカジュアル

実際に着用したものがコチラ!

ビジネスカジュアル

幅と丈が長すぎたり太すぎると、スタイルが悪く見えてだらしない印象になります。

逆に細すぎたり短すぎると、窮屈感やプライベート感が出てしまうのでビジネスの場に適しません。

ビジネスの場において、相手に良い印象を持たれることは重要なのでパンツのサイズ感には細心の注意を払ってくださいね。

デザイン

ビジネスカジュアル

パンツで最初に持つべき色は「グレー」です!

ビジネスカジュアルで最も挑戦しやすいスタイルは「ネイビージャケット×グレースラックス」。どちらもビジカジ定番の色なので、初めての人でもカッコよく着こなせる組み合わせです。

グレーのスラックスはどんなアイテムとも合わせやすく、コーディネートに悩まないとても使いやすい色なので1本は持つことをオススメします。

またグレーは上品さを演出し洗練された大人の印象になる色なので、上品で落ち着いた男性を好む女性から好印象をもたれるでしょう。

素材

ビジネスカジュアル
  • ウール
  • 綿素材

ビジネスカジュアルで着用されるパンツは一般的に、ウール素材のスラックスと綿素材のチノパンが多いです。

ウール・綿素材は、保温性に優れているので冬は暖かく、水を弾く性質があるので夏は涼しいことから年間通して着用することができます。

また生地が柔らかく肌触りや着心地が良いので、仕事中もリラックスして穿くことができます。

綿素材はカジュアル感が強いので、慣れないうちは光沢やツヤ感がカッチリとした印象にしてくれるウール素材のスラックスを選ぶことをオススメします!

\ 理想的なスラックスがこちら /

ネクタイ

デザイン

ビジネスカジュアル

ネクタイ選びで失敗しない色・柄は「ネイビー×無地」です!

ネイビーはジャケットやシャツの色に影響されることがあまりないので、最初に買うのであればネイビーのネクタイを購入すればコーディネートに悩みません。

柄は無地の他に「ドット」「レジメンタル」が定番で、どんなシャツとも合うので柄のネクタイを持っていない人には挑戦しやすい柄です!無地のネクタイに比べオシャレ度がグッと増しますのでオススメです。

注意点として、就活生の人や新入社員の人が大きな柄や派手な色のネクタイを着用することは、企業側からすると常識がないのではないかと受け取られてしまう可能性が高いので控えましょう。

レジメンタルとは?

「右上に向かう斜めのストライプ柄」のことを言います。

素材

ビジネスカジュアル
  • シルク
  • ニット

最初に選んで失敗しないネクタイの素材は、「シルク」です!

シルクのネクタイは定番とされており年間通して使えますし、ビジネスカジュアルだけでなくスーツスタイルにも使えるので持っているととても便利です。

もう一つ、ビジネスカジュアルでこなれ感の出る素材と言えば「ニットタイ」です。

シルクやウールのネクタイと違い、生地が柔らかく形もクタっとしているのでカジュアル感が強く、ワンランク上のカジュアルスタイルを楽しむことができます。

ちなみに・・・

ニットタイはオシャレ要素としての意味合いが強いため、ビジネスシーンによってはNGな場合があります。来客や訪問先に応じて判断しましょう。

デザイン

ビジネスカジュアル
  • 黒、茶色
  • ストレートチップ

靴選びの一番のポイントは、「ベルトの色と合わせることです。

ベルトの色と靴の色を合わせることで、コーディネート全体のバランスがまとまります。

特に黒や茶色のベルトを持っている人が多いと思いますので、お持ちの革ベルトと同じような色の靴を選ぶと、失敗しにくいです。

また最もオーソドックスな靴はストレートチップです。

ストレートチップとは、画像のようにつま先部分に一本ラインが入ったデザインのことで、ビジネスシーン以外にも冠婚葬祭など様々なシーンで着用できるので、一足は持っておくことをオススメします!

素材

ビジネスカジュアル

素材は、ビジネスカジュアル以外にスーツスタイルにも使えるがオススメです。

ビジネスカジュアルはスーツスタイルに比べカジュアル感が強いので、足元に革靴を合わせると全体が引き締まり、キチンと感が出て相手にも良い印象を与えることができます。

就活中の人は、定番のストレートチップの革靴を着用すれば悪い印象を持たれることはありません。

ストレートチップ以外なら、ローファーです。ローファーも革靴なので、もちろんOK。社会人になり社風にも馴染んできて、新しく違うスタイルも楽しみたい人は、ローファーでこなれ感を出すと良いでしょう。

ちなみに・・・

ビジネス用の革靴をプライベートで着用することはNGなので気を付けましょう。

スーツ用の革靴はフォーマル感が強すぎるため、プライベートな服装(フォーマルではない服装)と合わせてしまうと浮いてしまいます。

まとめ

  • ビジネスシーンでは「スーツ」「ビジネスカジュアル」「オフィスカジュアル」が基本
  • 無難なビジカジアイテムは「スラックス」
  • 来客、訪問先、社内規定を加味した上で信頼される服装を心がける
  • ビジネスカジュアル向けのアイテムがある

***

いかがでしたか?

ビジネスカジュアルの基準や定義について、参考にして頂けましたら幸いです。

ビジネスの場に適したビジカジの着こなしをして、信頼されるカッコイイ大人の男になりましょう!

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました。

お客様アンケートご協力のお願い

今回実施させていただくアンケートを通して知れたことをもとに、お客様にフィットしたコンテンツを企画していきたいと考えています。

少しのお時間を頂戴することとなりますが、ぜひご回答をいただければ有難いです。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

               

私達はオシャレを通して
人生を豊かにするお手伝いをしています。

Dcollectionは、オシャレに自信がなくても、何を買えばいいか分からなくてもオシャレが楽しめる、生活が豊かになるサービスです。

オシャレをすると、【気分が明るくなる】【人前で話せるようになる】【友人が増える】【普段の生活が楽しくなる】そして何より笑顔になるんです。

笑顔になると幸せが集まり、人生が豊かになる。
そんな方たちを少しでも多く増やしたいというのが私たちの想いです。

そんな私達と一緒に働きませんか?事業拡大のため求人しています!Dコレのお仕事に興味がある方はぜひ!