社会人にオススメ!ビジネスカジュアルの基本と選び方のコツ

ビジネスカジュアルをカッコよくオシャレに着よう

近年ではオフィスでの服装が多様化しており、「ビジネスカジュアル」もその内の1つ。

このブログでは、ビジネスカジュアルの着こなしで悩んでいるメンズに、基本やコーデをご紹介していきます。

 

ビジネスカジュアルとは

紺のジャケットにブラウンのパンツを穿いたビジネスカジュアルスタイル

ビジネスカジュアルは「コレだ!」という正解がなく、定義が曖昧です。

なので「服装はビジネスカジュアル」と言われても、何を着たらいいのか分からないと悩む方が多いのではないでしょうか。

実際、「企業の訪問や来客、会議にも適したカジュアルな服装」のことをビジネスカジュアルと言いますが、これだけじゃ分からないですよね。

次からはビジネスカジュアルに大切な3つの基本について、お話していきたいと思います。

ビジネスカジュアルの基本

社会人は、社内やお客様、営業先に信頼されるような服装が求められるようになります。

それはビジネスカジュアルでも同様です。

【ビジネスカジュアルの基本】

  1. シンプルで落ち着いた色のアイテムを選ぶ
  2. インナーは原則襟付き
  3. 清潔感を意識する

まずは上記の3つのポイントを意識して、ビジネスカジュアルの服装を考えてみてください。

あとは会社の社風によってルールが違うと思うので、職場の雰囲気や先輩の服装を参考にするのが1番です。

朝、会社に着て行く服を選ぶ時、その日会う人達に自分はどんな印象を持たれたいのかを忘れないようにしましょう。

ビジネスカジュアルにおすすめな服

ビジネスシーンでは、同僚や上司、お客様などたくさんの方との関わりがあるため、周りからの印象はとても大事です。

先ほどお話した「ビジネスカジュアルの基本」を意識し、周りから好印象を得られやすいアイテムを揃えるようにしましょう。

「どんな服を着ればいいのか分からない」という方は、ぜひチェックしてくださいね。

ジャケット

グレーのテーラードジャケットを着た画像

ジャケットは、どんなシャツやボトムとも相性が良く、季節問わず着用できるものを選ぶのがおすすめです。

黒やネイビー、濃いグレーのベーシックなカラーで無地なら、まず間違いはないと思います。

他のアイテムと合わせやすいだけでなく、落ち着いた上品な印象を与えるので、上司や同僚から信頼されるだけでなく、女性からも好印象を持たれますよ。

シャツ

白のワイシャツを着た画像

ビジネスカジュアルでは、襟付きシャツを着用するのがおすすめ。

素材は綿やポリエステル、麻のものを選ぶと良いでしょう。

ネイビーのポロシャツを着た画像

また夏に着用されるポロシャツも襟付きですが、シャツの中ではカジュアルな印象の強いアイテムです。

もし着用するのであれば、シャツのような立体的な襟元を作ることができる、台襟が付いたポロシャツでキレイめに見せましょう。

台襟:シャツの襟の土台となる帯状のパーツのこと

パンツ

オフィスカジュアルでも使えるグレーのスラックスパンツ

パンツは、比較的キレイめ感のあるスラックスやチノパンを着用するのがおすすめです。

スーツスタイルほど堅い印象にならず、ややラフな印象がプラスされることで、程よい親近感を与えることができます。

スラックスはセンタープレス入りのものを、チノパンは光沢感のある生地のものを選ぶとより上品な印象に。

企業訪問や来客、会議や研修など様々なビジネスシーンで使えるので、新社会人の人やビジカジが初めての人は持っていると便利ですよ。

パンツの場合、フルレングスならキレイめに、アンクル丈ならカジュアルにと、丈の長さでもカジュアル度が変わるので選ぶ際は気をつけましょう。

着用アイテム

ブラウンのレザーシューズ

ビジネスシーンでは、革靴を合わせるのがベスト。

ビジネスカジュアルはスーツスタイルよりカジュアルめなこともあり、足元に革靴を合わせることでしっかりと引き締まった印象にできます。

装飾感の少ないシンプルなデザインだと、より品のある落ち着いた雰囲気を醸し出すことができ、周りからも好印象に見られるのでおすすめです。

もちろん、スーツスタイルで着用している革靴と兼用しても大丈夫ですよ。

ネクタイ

ビジネスカジュアル向けのネイビーのネクタイ

ネクタイは靴同様、スーツスタイルで着用しているネクタイを合わせてOK。

ブランドロゴや柄が大きくて派手なものや、蝶ネクタイはビジネスシーンに適さないので気をつけてください。

ベルト

ビジネスカジュアル向けのレザーベルトとメッシュベルト

スーツスタイルのベルトは、ビジネスカジュアルでも使うことができます。もし別途用意するのであれば写真のようなベルトがオススメ。

左のレザーベルトは、シンプルで癖がなく、ツヤっとした革素材が清潔感と上品な雰囲気を演出します。

右のレザーメッシュベルトは、レザーの上品さとメッシュのラフで涼し気な印象が合わさり、程よいカジュアル感が出るのでビジカジにも適しています。

ベルトと靴は、色や素材を揃えて統一感を出すのが、オシャレに見えるコツです。

実践!ビジネスカジュアルのメンズコーデ

これまでお話してきたことを踏まえ、実際のビジネスカジュアルコーデを見ていきたいと思います。

ビジネスカジュアル①【ジャケット+ベスト+ネクタイ+スラックス】

紺のジャケットにネクタイ、ベストを合わせて、グレーのスラックスパンツを穿いたコーデ

ジャケットにインナーベスト、ネクタイをブルー系で統一することで、落ち着いた大人な雰囲気に。

パンツは明るいグレーをチョイスすることで、メリハリのある着こなしになります。

ビジネスカジュアル②【ジャケット+ネクタイ+スラックス】

紺のジャケットにストライプシャツを合わせて、グレースラックスを穿いたコーデ

ややカジュアルなストライプシャツは、ビジネスカジュアルのアクセントにピッタリ。

シャツに柄を持ってきているので、その分ネクタイはシンプルなものがおすすめです。ニット素材など、生地感でオシャレを楽しむのも良いですね。

ビジネスカジュアル③【ジャケット+チノパン】

紺のジャケットに青シャツを合わせせて、ベージュのチノパンを穿いたコーデ

上の2コーデより、さらにカジュアルよりにまとめたコチラの着こなし。

スラックスよりもカジュアルなチノパンを合わせることで、堅苦しさのない親しみやすい雰囲気を作れます。

ビジネスカジュアル④【ニットベスト+ローファー】

グレーのシャツとニットベストを着て、白パンツを穿いたコーデ

全体をモノトーンカラーでまとめた、落ち着いた大人の着こなし。

パンツに白を持ってくることで、清潔感のある爽やかな印象を演出することができます。

ビジネスカジュアル⑤【半袖シャツ+スラックス】

半袖シャツにグレーのスラックパンツを穿いて、ビジネス用のバッグを持ったコーデ

暑い夏は「ノーネクタイ、ノージャケット」など、通常よりもカジュアルな服装のクールビズスタイルがおすすめ。

半袖やネクタイをしたいことで、肌の露出を増やすことができ、暑苦しくない涼し気な印象に見せられます。

クールビズについては、次でお話していきたいと思います。

夏は「クールビズ」スタイルがおすすめ

太陽を眩しがる画

クールビズとは環境省が中心となって行う、環境対策などを目的とした服装の軽装化キャンペーンです。

外気温と室温の差が大きいと自律神経やホルモンバランスが乱れたり、体温調整機能が働かなくなってしまうため、健康への影響を防ぐ為にもクールビズを推進しています。

近年クールビズを取り入れる企業が増えてきているので、ご自身の職場がどうなのかを確認してみてくださいね。

▼「クールビズ」について、下記のブログで詳しくご紹介しています。

【40代メンズ】2019年夏のスーツ着こなしはどうする?

2019.06.11

※ ※ ※

いかがでしたか?

このブログが、今年新社会人になった方や、転職などでビジネスカジュアルをしなければならない方の参考になれば幸いです。

ビジネスの場に適したビジカジの着こなしをして、信頼されるカッコイイ大人の男になりましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

合わせて読みたいおすすめのブログ

▼オフィスカジュアルについて知りたい方は、こちらの記事でご紹介しています。

【2020年春夏】メンズオフィスカジュアルのコーデと着こなし術

2020.04.08

▼40代メンズの方におすすめな服装について知りたい方は、こちらの記事でご紹介しています。

【40代メンズファッション】おすすめの秋服とコーディネート|2020年最新版

2020.09.01

▼女子からモテたいメンズ必見!女子ウケする服装について知りたい方は、こちらの記事でご紹介しています。

【女子ウケ良し】モテる男に近づく服装と選び方とは

2020.08.20