Dcollectionのブランドコンセプト

皆様はじめまして。Dcollectionバイヤーのタカシです。

10年以上洋服を仕入れ続けているDcollectionバイヤー。
シンプルな洋服で作るキレイめカジュアルスタイルで、10代~40代男性に支持されている。
2019年には「正解の服、教えてもらいました。」を監修するなど、活躍の幅を広げている。

私達がどんなコンセプトでDcollectionの洋服を企画しているのかをお話しますね。

キレイめカジュアルが実現出来ること

一番大切にしているのがオシャレの教科書®にもとづいた、キレイめカジュアルが実現出来る洋服であることです。

具体的には以下の3点を大切にしています。
①シンプルデザイン
②色合わせしやすい色
③シルエット作りのしやすい形

上記をベースにトレンドのデザイン・色・柄を取り入れ、常に時代に合わせたアップデートをおこなっています。

品質の良い商品がお求めやすい価格であること

キレイめカジュアルは、幅広い年齢の方に取り入れていただけるコーディネート。そのためには品質が高いことはもちろん、お求めやすい価格であることも大切です。

両方を実現させる為に私達はプライベートブランドを開発しています。

良質な生地、シルエット、デザインを追求し続けております。Dcollectionをご利用の際はぜひ1度ご覧になってみて下さい。

持続可能な社会へ貢献すること

DcollectionはSDGsへの貢献を目指します。

今世界各国ではSDGsへの意識が急速に高まり、もちろんアパレル市場においても例外ではありません。
環境問題や人権問題など地球規模でのリスクを認識していく必要があります。

SDGs(エスディージーズ)とは
・Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略
・世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲット

特に欧米では個人レベルでSDGsの認知が広まっており、少しでも多くの社会貢献をしようとエシカル消費の意識が高くなっています。
日本は世界各国に比べまだまだ認知が低いといえますが、数年後には必ず日本でも持続可能性(サスティナビリティ)の考えが浸透するでしょう。

Dcollectionは少しずつではありますが、プライベートブランドでSDGsに貢献することを目指しています。

例えば、新興国であるベトナムに縫製工場の拠点がある商社と積極的に商品開発をしたり、リサイクルダウンなど環境問題に貢献できるような素材を積極的にセレクトしたりしています。
また商品をお届けする梱包資材でも段ボールの使用はなるべく控え、再生紙の紙袋をメインに使用しています。

SDGsは2030年の世界を変える為の国際社会共通目標です。
私たちは『オシャレで人生を豊かに』だけでなく、『持続可能なオシャレで世界を豊かに』にも全力で取り組みます。

私達がDcollectionを運営する目的

私達のミッション

2019.04.01