【テーパードパンツという選択肢】脚が太いと悩むメンズへ

「脚の太さ」が気になり、着たい服を諦めてしまっていませんか?

オシャレな服装をしたいけれど、体型が気になってできない…と悩むのは、男女共通の悩みです。

そこで今回は、脚が太いからパンツがカッコよく着こなせないと悩んでいる方に向けて、おすすめのパンツを紹介したいと思います。

脚が太くて入らないと悩んでいるメンズへ

Dコレではオシャレに悩んでいる方に、まず最初に買うべきアイテムとして「黒スキニーパンツ」を推奨しています。

黒スキニーパンツ

様々なシーンの服装に合う黒スキニー。収縮色である黒と細身のシルエットがスタイルをよく見せてくれますよ!

脚が細く見えて抵抗なく穿けるパンツとは

テーパードパンツという選択肢

Dコレでは、黒スキニーが幅広い体型に対応できるようにXS~XLサイズまで展開しています。しかし、誰しもが穿けるわけではありません。

Dコレの黒スキニー着用例

充分に穿けるサイズでも脚のラインがハッキリと分かってしまうので、スキニーパンツそのものに抵抗があるのも理解できます。

またぽっちゃり体型やガッチリ体型の方は、そもそも選択肢にスキニーパンツが入っていないという人が多いのではないでしょうか?

だってスキニーパンツといえばこんなイメージですよね。

黒スキニーパンツ

スキニーパンツの細いイメージを払拭するのはなかなか難しいものです。

では、脚が太い人は何を穿けばよいのでしょうか?

それは「テーパードパンツ」です。

テーパードパンツなら、脚の太さをカバーでき、スッキリとしたシルエットになるのでキレイに見せられるんです!

おすすめのテーパードパンツ

大人テーパードパンツ

太もも周りが太く、足首に向かって細くなるテーパードシルエットなので自然とスタイル良く見せてくれます。

センタープレス入りなので、より大人っぽい着こなしができますよ。

黒テーパードパンツ

スキニーのような締め付け感が少なくゆったりとした穿き心地なのに、キレイなシルエットを作ってくれるテーパードパンツです。

「春はこう着る!」テーパードパンツコーデ集

メリハリがコツ

ベージュのトップスとホワイトのパンツの淡い色あわせが、トレンド感と柔らかい雰囲気のあるスタイル。

一見ぼやけて見えそうなコーデですが、バッグやシューズで黒を取り入れる事でメリハリがつき全体が引き締まります。

小物がアクセントになることで、目線が散るので脚の太さを目立ちにくくしてくれます。

着用アイテム
ビッグシルエットスウェット
オックスフォードボタンダウンシャツ
大人テーパードパンツ
ポストマンシューズ
サコッシュ

白を散らしてカバー

一見暗い色合わせに見えますが、白を取り入れる事でほどよい抜け感のあるコーデに仕上がります。

テーパードパンツで脚の太さをカバーしつつ、ロング丈のTシャツと重ね着する事で腰の位置が隠れ、脚を長く見せる事もできます。

着用アイテム
ハーフミラノリブ春ニット
長袖無地Tシャツ
大人テーパードパンツ
PUレザースニーカー
無地ソックス
本革ベルト腕時計

アウターや小物でできるテクニック

ロング丈のコートで気になる部分を隠す事ができるテクニックもおすすめです。

また、首や手首に小物をつけて視線を散らす事で脚の太さを目立たせなくする効果もあります。

着用アイテム
シャツチェスターコート
長袖Tシャツ
大人テーパードパンツ
ビットローファー
無地ソックス
キャンバス生地トートバッグ
本革ベルト腕時計
ダブルリングネックレス

柄物のトップスでさりげなく

カジュアルなトップスとキレイめなパンツを合わせた、大人カジュアルスタイル。

柄物のトップスを合わせることで、自然と目線を上に向けることができるので体型カバーにおすすめです。

着用アイテム
MA-1ジャケット
ボーダーTシャツ
大人テーパードパンツ
PUレザーコインローファー

カジュアル好きなら

柄物を取り入れたカジュアルスタイル。

PUレザーのショルダーバッグは、トレンドだけではなく目線を誘導させる効果もあります。

着用アイテム
MA-1ジャケット
ボーダーTシャツ
大人テーパードパンツ
PUレザースニーカー
無地ソックス
PUレザーショルダーバッグ

親近感で作る

黒をベースとした男らしいスタイル。

テーパードパンツで脚のシルエットをキレイに見せつつも、程よいゆとりが親近感のある印象に仕上げてくれます。

着用アイテム
CPOシャツジャケット
ワイドシルエットスウェット
ロング丈Tシャツ
黒テーパードパンツ
キャンバスシューズ
無地ソックス
キャンバス生地トートバッグ

パンツのシルエットは〇〇でキマる!

シルエットの種類

フルレングスのパンツ(長ズボン)の裾の種類が色々あるのはご存知でしょうか?

ストレートパンツ

ひざから裾にかけて真っ直ぐに近いシルエットのパンツです。

ワイドシルエット

上から下までワイドなまま一直線に落ちるのが特徴のパンツです。

ジョガーパンツ

リブやゴムで裾が絞られている、スポーティな印象のパンツです。

スキニーパンツ

全体的に細身のシルエットで、脚を長くすっきりと見せてくれるパンツです。

パンツの種類は裾の形である程度決まる

このように裾の形である程度パンツの種類が決まるわけですね。

ワイドパンツ以外は膝から上の形が似ています。

膝から下の形が違うだけでこんなにも印象が変わってしまうんですね。

ということは、「いかに膝下のシルエットが重要か」ということです。

テーパードパンツはゆとりのある太ももから徐々に細くなっていくわけですから、裾はスキニーパンツとほぼ同じシルエットとなります。

最後に

いかがでしたか?

脚が太くて細身のパンツなんて穿けるわけない。穿けたとしてもピチピチにみえたりしないか不安。など、脚の太さで細身のパンツを諦めてしまわないでください。

そんな時は諦めずにテーパードパンツを穿いてみてください!テーパードパンツならきっと抵抗なく穿くことが出来ますよ!

ぜひパンツを選ぶときは参考にしてみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。