一枚で3つのスタイル!「開襟シャツ」春のヘビロテ方法

スタイリスト:コジ(Twitter)

襟付きのシャツが、それとなく「キチンと感」を出してくれたり、首元が開いている事で程よい抜け感を演出してくれたりと、キレイめにもカジュアルにも使える「開襟シャツ」。

そこで今回は、春におすすめの開襟シャツの着こなし方を3つご紹介します。

 

STYLE
01

落ち着いた「くすみカラー」でつくる大人のゆるコーデ。

V字に開いた襟元が顔周りをスッキリと見せてくれるだけでなく、程よく抜け感のある大人っぽさを演出してくれます。

 

 

STYLE
02

シャツの中からボーダーを覗かせ、とことんラフに着くずのも正解。

その日の気分でインナーを無地やボーダー柄に変えて、印象の変化が楽しめるのも開襟シャツの良い所。

 

 

STYLE
03

フロントがジップになったMA-1をあわせることで、スッキリとした印象の重ね着スタイルに。

程よくゆとりのあるテーパードパンツはストレッチ性にも優れているので部屋着としても使えますよ。

 

 

今回紹介した開襟シャツ

 

様々な着こなしが楽しめる開襟シャツのコーデはいかがでしたか?

シャツ感覚で羽織れるので、季節の変わり目や夏の冷房対策として活躍するアイテムです。

ぜひあなたのワードローブにいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。